ポジティブシンキングって、時々ウソッぽいんです。

2015年11月16日

 世の中の出来事を、ポジティブに捉えることを勧める感じのポジティブシンキング。

 これ、前向きにとか、問題解決的にとか、そんな感じで使われているよう。

 確かに大事。

 あの時、あぁしてなかったら、
 あんなこと言わなかったら、
なんて、もうどうしようもない過去のことに囚われてちゃ、どうにも不愉快なまま時が過ぎてしまいます。

 だから、前向きな考えは大事。

 でも、ときどきなんでもかんでも、意地でもポジティブに捉えようとする場面に出くわします。

 まるで、ポジティブじゃない出来事が世の中にあるのが、
まったく受け容れられないほどにとっても怖いみたいに。

 悲嘆に暮れる人を前に、
そんな悲しみを抱えながら辛抱強く生きてるあなたを素晴らしいと思うよ!
 みたいなこと平気で言ってしまいそうな勢い。

 ポジティブ病といえば言い過ぎでしょうか。

 そんな場面に出くわすと、
 悲嘆に暮れることって、そんなに悪いことなの?
 それはポジティブに捉えないの?
 なんて思う聞風坊なのです。

 このポジティブ病、ポジティブでないことを否定する力を持ちます。
 ポジティブになれない自分や誰かを責めて否定するのが主な症状です。

この記事続く。



同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事画像
【告知】精神疾患を抱える親を持つ子どもの支援についての研修会のお知らせ
【告知】子どもの支援職向け研修会のお知らせ
自己理解のためのジョハリの窓 補足
【告知】 読んだり書いたりする時の困り感についての講演会
同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事
 自分って、いつも現場にいるなと思った話 (2020-01-02 12:00)
 子どもを利用する親とそんな親を利用する子どもの話 (2019-12-25 06:00)
 家族が社会化しすぎるとまずいように思う話 (2019-12-17 06:00)
 ひきこもり期間を一言で言うと (2019-12-13 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ポジティブシンキングって、時々ウソッぽいんです。
    コメント(0)