自分を変えたい! と思う時 2

2016年02月17日

 前記事の続きです。

 ニートやひきこもり不登校など困難を抱える人たちは、自分を変えるということにひどくナーバスになる場合が少なくないのは、

さんざん自分を抑えて、周囲に合わせて(適応して)生きてきたのに、ぜんぜん楽にならないにも関わらず、

 まだ、変えろっていうのフンッ

という強い不満があるからだと思うのでした。

 裏を返せば、楽になるのなら自分を変えるのに問題はないということ。
むしろ喜んで変える。

 だって、今までそれを信じて何十年もガマンして頑張ってきたんだもの。

 私聞風坊の経験をお話しすると、
自分を変えるのが楽しい時は、

 少林寺拳法をやってた時。
今より高く蹴りができるようになる。
今より速く突きができるようになる。

 どんな自分になろうか? ワクワクしながら、
理想の姿を目指して日夜修行僧のごとく修練しておりました。把パーンチ

 勉強が楽しい時もあります。
 知識を得た自分、謎の解き方を身につけた自分を目がけて、学ぶことを楽しんでいるのでしょう。

 知識のない自分から知識を持っている自分への変化。
 謎が解けずもんもん状態の自分からスッキリした状態への変化。

 でも、その一方で、変えたくない気持ちの時もあるんです。

 この項続く。



同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事画像
【告知】精神疾患を抱える親を持つ子どもの支援についての研修会のお知らせ
【告知】子どもの支援職向け研修会のお知らせ
自己理解のためのジョハリの窓 補足
【告知】 読んだり書いたりする時の困り感についての講演会
同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事
 家族のことばかり考えている人は自分のことは後まわしの話 (2020-03-29 06:00)
 聞こえないと発言しなくなるかもしれない話 (2020-03-25 06:00)
 日本人は怒りの表情に悲しみを感じるらしいという研究の話 (2020-03-13 06:00)
 自立を支援するってのは、自活の支援だけじゃないんじゃないかと思った話 (2020-03-09 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
自分を変えたい! と思う時 2
    コメント(0)