自分を変えたい! と思う時

2016年02月15日

 TA・交流分析のセラピーのまず最初の質問の定番は、

 「今日は何を変えましょうか?」

 なんです。

 最初の頃は、ポカ~ンとしてしまう質問です。

 いやいや変えるっていきなり言われても。ガーン

 慣れてくると、次はこれを変えようと、意欲を持ってセラピーに参加するようになります。

 人は自分で決断した結果、今があるんだ!

 誰かから何かからされた結果じゃないんだ!

 という主体性重視のTA哲学にもとづいた質問ですね。

 さて、ニートやひきこもり不登校など困難を抱える人たちは、自分を変えるということにひどくナーバスになる場合が少なくありません。

 さんざん自分を抑えて、周囲に合わせて、その場その場の空気を読んで変化適応して生きてきたのに、ぜんぜん楽にならないし、具合は悪くなるし、状況も一向によくならないにも関わらず、

 まだ、変えろっていうのフンッ

という心の叫びが聞こえてきます。

 この項続く。


タグ :変化TA

同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事画像
【告知】精神疾患を抱える親を持つ子どもの支援についての研修会のお知らせ
【告知】子どもの支援職向け研修会のお知らせ
自己理解のためのジョハリの窓 補足
【告知】 読んだり書いたりする時の困り感についての講演会
同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事
 自分って、いつも現場にいるなと思った話 (2020-01-02 12:00)
 子どもを利用する親とそんな親を利用する子どもの話 (2019-12-25 06:00)
 家族が社会化しすぎるとまずいように思う話 (2019-12-17 06:00)
 ひきこもり期間を一言で言うと (2019-12-13 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
自分を変えたい! と思う時
    コメント(0)