当事者は語れているか?

2016年02月09日

 ひきこもり当事者の声が聞きたい!

との世間の要望を受け、長いこと当事者語りをやってきていますが、

 気になるのはその語りの扱われ方です。

 新聞に載ったり、テレビやラジオの取材を受けることも何度もありましたが、

 出来上がった記事や放送が、私の言いたいポイントと、ビミョーにズレているのです。

 仕方のないことではありますが、やはり捨て置けません。

 マスコミや研究論文などは、論調や研究テーマを予め決めてから当事者へ取材や調査をします。

 そして、その当事者の語りを、自分たちが設定したテーマに沿って再構成して、世間に伝えます。

 テーマに沿う発言は採用し、沿わない発言を除く。
 この作業の中で、ビミョーなズレが生まれてくるのでしょう。
 
 しかしながら、世間はマスコミや研究者が当事者の声として伝えたことを、当事者のリアルな声としてとらえます。

 すでにズレているにも関わらず。

 そうして、リアルと思い込まれたズレた声をもとに当事者の世間でのイメージが作られていきます。

 不登校はさなぎだ。

 ひきこもりは働いていないだけだ。

 精神病当事者は怖い。

 この項続く。



同じカテゴリー(社会のこと)の記事画像
【告知】ケアニン上映会とトークイベントのご案内
【告知】ひきこもりフォーラム2019のお知らせ 再掲
【告知】インクルーシブ教育のイエナプランの講演会あります!
【告知】困難を抱える子ども・若者支援のイベントあります
同じカテゴリー(社会のこと)の記事
 当事者が持つようになる社会的役目感のこと (2020-07-22 06:00)
 ひきこもり予防としての不登校支援はやめた方がいいんじゃないかと思う話 (2020-07-14 06:00)
 フツーの発達障害者だっていいじゃないかと思った話 (2020-07-10 06:00)
 卒業式や入学式への思い入れがない話 (2020-06-04 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
当事者は語れているか?
    コメント(0)