親を育てるセルフセラピー

2015年10月28日

 セルフリペアレンティングセラピーの話です。

 イメージの中で、自分が理想の親になって昔の自分に声かけるという方法があります。

 先日、久しぶりに自分にやってみました。

 私聞風坊は、子どもの頃、よくその場で硬直していたのです。
親の言うことがよく分からなくなって、身体が動かなくなるのですね。

あれ、ヘンだな?
 あれ、まただ。
そう思っても身体が動かない。

 そして誰も助けてくれない。

そんな経験をよくしていました。

 で、その時の自分をイメージして、
大人の今の私が近づいていきます。

 まずは横から、膝をかがめて、優しい笑顔で

 そして定番の一言
「どうしてほしい?」

 そう訊いても、硬直している私は黙っています。
どうしてほしい? っていう質問の意味が分かりません。
 思考が停止しているんですね。

 OK。
 それはそれとして、しばらく間を置いて、

 今度は正面に膝をつき、
もう一度、
「どうしてほしい?」

 そしたら、
「ふにゃっ・・・て」
 と言いながら、私の方に倒れ込んできました。

 そうそう、硬直していた私は、ふにゃって崩れるように倒れたかったのです。
でも、誰も支えてくれないので、怖くてできなかったのですね。

 今、大人の私が支えます。
それで、ふにゃって、できたのです。

 あぁ、あの時自分は、ふにゃってなりたかったんだぁ。

ふに落ちました。

 強くあれ! の信念で自分をガッチガチに固めている私は、本当はふにゃってなりたかったのですね。

 本物の自分に出会えて、気がすんだ感じの私は、
翌日は、ひたすらだらだらとふにゃっとして過ごしたのでした。



同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事画像
【告知】精神疾患を抱える親を持つ子どもの支援についての研修会のお知らせ
【告知】子どもの支援職向け研修会のお知らせ
自己理解のためのジョハリの窓 補足
【告知】 読んだり書いたりする時の困り感についての講演会
同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事
 家族のことばかり考えている人は自分のことは後まわしの話 (2020-03-29 06:00)
 聞こえないと発言しなくなるかもしれない話 (2020-03-25 06:00)
 日本人は怒りの表情に悲しみを感じるらしいという研究の話 (2020-03-13 06:00)
 自立を支援するってのは、自活の支援だけじゃないんじゃないかと思った話 (2020-03-09 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
親を育てるセルフセラピー
    コメント(0)