自己肯定ってできません! 3

2016年03月22日

 前記事の続きです。

 自己肯定とは、
 否定的な自分も、あるがまま肯定することでした。

 自己肯定しようとしてなかなか自己肯定できない自分。
をそのまま認める。

OKする。
受容する。
肯定する。
 のです。

これが本当の自己肯定。

 苦手なことばかりの、
 期待通りにできない、
 思うようにならない、
          自分。
 
 そんな自分をそのまま肯定する。

 リアルな自分。
 存在している自分。

 値引かず、盛らず、
そのままの自分。

 親の言うことをきく自分、きかない自分、
 勉強のできる自分、デキない自分、
 頑張る自分、頑張らない自分、
 働いている自分、働いていない自分、
 病気の自分、健康な自分
自分を全部認め、受け容れる。

 こういうことなんです。

 そうすると、
 自己肯定感が低い人が自己肯定感を高めるための第一歩は、
自己肯定感が低い(自己否定感が高い)自分を肯定すること。
 かもしれません。

 私は自己肯定感が低い。
 そして私はOK!

 こんな感じで。

この項終わり。



タグ :自己肯定

同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事画像
【告知】精神疾患を抱える親を持つ子どもの支援についての研修会のお知らせ
【告知】子どもの支援職向け研修会のお知らせ
自己理解のためのジョハリの窓 補足
【告知】 読んだり書いたりする時の困り感についての講演会
同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事
 家族のことばかり考えている人は自分のことは後まわしの話 (2020-03-29 06:00)
 聞こえないと発言しなくなるかもしれない話 (2020-03-25 06:00)
 日本人は怒りの表情に悲しみを感じるらしいという研究の話 (2020-03-13 06:00)
 自立を支援するってのは、自活の支援だけじゃないんじゃないかと思った話 (2020-03-09 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
自己肯定ってできません! 3
    コメント(0)