後悔から反省へ 3

2015年09月24日

 前記事「後悔から反省へ 2」の続きです。

 結構な割合で、くよくよしてしまう私聞風坊ですが、

 それが、TA・交流分析で言うラケット感情だと気づいたので、

 TA定番の自問自答してみたところ、

 → ハモりの声は、メインボーカルより小さめになるよう意識する。全曲ハモらない。ハモる替わりに拍手をする。

 → いたずら、意地悪したくなる気持ちがムクムクしてきた時に、嫌味的なこと言うので、なんかしたくなった時は、一息吐く。

なんて風にしてみよう。

 後悔している段階で終わり。
 にしないで、
もう一踏ん張りして、反省する段階まで進めて終わる。

 ラケット感情を味わって終わり。
 ではなく、
次まで進んで、イイ気持ち、OK感を味わって終わる。

後悔から反省へ。

 と再決断したのでした。

この項終わり。



同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事画像
【告知】精神疾患を抱える親を持つ子どもの支援についての研修会のお知らせ
【告知】子どもの支援職向け研修会のお知らせ
自己理解のためのジョハリの窓 補足
【告知】 読んだり書いたりする時の困り感についての講演会
同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事
 家族のことばかり考えている人は自分のことは後まわしの話 (2020-03-29 06:00)
 聞こえないと発言しなくなるかもしれない話 (2020-03-25 06:00)
 日本人は怒りの表情に悲しみを感じるらしいという研究の話 (2020-03-13 06:00)
 自立を支援するってのは、自活の支援だけじゃないんじゃないかと思った話 (2020-03-09 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
後悔から反省へ 3
    コメント(0)