2015年10月22日

【本の紹介】 関わることを考えよう

 今年(2015)の4月に作った本は、
『関わることを考えよう ボクたちはこうしてほしいんだ。』
 です。

 数年前から本格的に支援者の立場に立ちだした私聞風坊ですが、

 支援者の中に支援者としてあって、
 なんだかなぁ たこ

 な気分になることが多かったのです。

あ、そこにこだわるんだぁ。

あ、そういう風にカテゴライズしちゃうんだぁ。

あ、勉強になるわぁで終わっちゃうんだぁ。

という風に、

効果的じゃないポイントに力を注ぐとか、
 → 感情を聴いてほしくないのに感情に焦点を当てた関わりをする。

自分が持ってる枠に当てはめて理解しようとするとか、
 → たとえば非行タイプとか、嘘つきとか、キレやすいとか、相手の枠組みに沿って考えればそんなことはない。

自分のマズい関わりで支援が上手くいかず相手に害がおよんだとしても、
 → 自分の成長に役立つケースという風に捉えて、失敗を糧にする。
自分の失敗を棚に上げて、自己利益に注目する姿勢。 

 などという、不愉快な体験をちょくちょくしたので、
これはひとつまとめておかんといかん !!!

と、思って書いたものです。

心理職とのセッション、
 医療者との関わり、
  若者支援者との関わり、
    当事者どうしの関わり、
 などの場面場面での、

それは嫌や!
 こうしてほしいんだ。
という要望の書であり、

 同じ支援者として、こんな風にしたらいいと思うよ。
という提案の書です。

 支援機関を利用しててもやもやっとしている当事者の皆さん、
当事者と関わる中で苦労している支援者の皆さん、

 なにかヒントがあると思います。

 もし、ご興味持たれましたら、ご一報下さい。
頒価一冊税込み千円(送料・振込手数料別途要)です。



同じカテゴリー(拙著)の記事画像
『関わることを考えよう』のご案内
『親を育てるひきこもり』のご案内
【新著】当事者と関わることについての冊子できました
同じカテゴリー(拙著)の記事
 『関わることを考えよう』のご案内 (2017-07-17 06:00)
 『親を育てるひきこもり』のご案内 (2017-07-14 06:00)
 『こもって、よし!』のご案内 (2017-07-11 06:00)
 サイト内ご案内 (2017-01-06 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。



【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。
削除
【本の紹介】 関わることを考えよう
    コメント(0)