実はファシリテートもやってるんです。

2015年10月10日

 昔々30年ほど前、私聞風坊はカウンセリングっちゅうものに出会いました。

なるほど、肯定的に聞かれるというのはこんなに心地よく、それでいてなんかこれからの役に立ちそうな感じ。

 というような体験をして、

カウンセラーを中心にした勉強会に参加し、

カウンセラーがあれやこれやと勧める講座を受講し、

理論を学び、

ロールプレイやらグループ体験やら合宿やら夕焼けの浜辺でサンマを焼いたりしながら、

 カウンセリングという場でのありよう(be)を身につけていきました。

 その中で、最初の頃にびっくりしたのが、ファシリテーターという言葉でした。

 10人弱の参加者が車座になってグループワークするのがよくある形でしたが、
その場の進行のキーパーソンがファシリテーターでした。

え、司会じゃないの?

進行役でもないの?

ふぁしりてーたー

 西洋の人たちは、なんか知らんけどしゃれた言葉を使うんもんじゃねぇ。キョロキョロ
 
 ちなみにアシスタント的な役目はコ・ファシリテーターと呼ぶというのもその時に知り、またまたびっくり オドロキ
「コ」げな!?

 サブとか、アシスタントとかじゃないげな!
 宮崎から上京ほどない私聞風坊は、西洋文化に触れ、文明開化の明治人よろしく方言まる出しで驚いたものです。

 さて、ファシリテーター。
集団を仕切るのではなく、
特定のゴールに巧妙に場を向けるのでもなく、
 穏やかに、
あらゆる意見を採り上げて、
 それでいて、場のメンバーの意識が向かう方向は一致している。

 魔法のような、ふぁしりてーたーさんの関わりに、
心惹かれたものです。

 以来30年弱、
ファシリテートにこだわりを持ってやってます。

 私聞風坊の意見や価値観に相手を沿わすのではなく、
お互いの思いに寄り添いながら、なんかやっていく。

そんなファシリテートを心がけてます。




同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事画像
【告知】精神疾患を抱える親を持つ子どもの支援についての研修会のお知らせ
【告知】子どもの支援職向け研修会のお知らせ
自己理解のためのジョハリの窓 補足
【告知】 読んだり書いたりする時の困り感についての講演会
同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事
 自分って、いつも現場にいるなと思った話 (2020-01-02 12:00)
 子どもを利用する親とそんな親を利用する子どもの話 (2019-12-25 06:00)
 家族が社会化しすぎるとまずいように思う話 (2019-12-17 06:00)
 ひきこもり期間を一言で言うと (2019-12-13 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
実はファシリテートもやってるんです。
    コメント(0)