障害者への合理的配慮のこと

2015年09月30日

 今回は、合理的配慮(ごうりてきはいりょ)についての考えを少し記します。

 社会生活を送る上で、長期にわたり強く障害となることが心や身体にある人に対しては、
所属する地域、学校、職場などは、合理的な配慮をする。
 ということが責務となっています。

 久しぶり、
 なんのこっちゃ? キョロキョロ ですね。

 視力が低い人がメガネをかけて授業を受けること。

 花粉症の人がマスクをつけて仕事すること。

 巨人が負けた翌日には、その話題に触れないこと。

などが合理的配慮に当たります。

この項続く。



同じカテゴリー(社会のこと)の記事画像
【告知】ケアニン上映会とトークイベントのご案内
【告知】ひきこもりフォーラム2019のお知らせ 再掲
【告知】インクルーシブ教育のイエナプランの講演会あります!
【告知】困難を抱える子ども・若者支援のイベントあります
同じカテゴリー(社会のこと)の記事
 その人は、その人たちの典型例ではないかもしれないこと (2020-04-01 06:00)
 予防という発想がおぞましい話 (2020-03-01 06:00)
 不登校児童生徒は学校に行かなくてもよくなったらしい話 (2020-02-13 06:00)
 人に迷惑をかけちゃダメよ! の受け取り方が2種ある話。 (2020-02-09 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
障害者への合理的配慮のこと
    コメント(0)