テンション高いって、緊張してるってことなんです

2015年07月30日

 今日は、以前から気になってた言葉の使い方についてのお話しです。

 テンション高い!
 テンションが低い!
 ダメや、テンション上がらんクレイジー

 なんとなくですが、テンションが高いのがいいような使い方。
たぶん、元気度を表す言葉として使っているのでしょう。

 テンション高いは、元気度高い。
 低いは、元気じゃない。

 でも本来は、テンションというのは、張り詰め具合なので、緊張を意味しています。
 例えば、
 テニスのラケットの張り具合をテンションで表現しますよね。
 ハリが強いとテンションが高い、低いとテンション低い。

 これ、気持ちに振り替えると、

 緊張してる。してない。
 緊張が高い。低い。

 って意味になります。

 明日試験だ、発表だ、なんて風に
ストレスのあまり、ハイテンションになっているは、
 実はストレス反応なんです。

 これ、
ムリして活動的になっている状態。
ムリしてるので、心身は消耗します。
 この状態を続けると、心身の健康を害します。

 こう考えると、テンションが高いのは、元気な証拠とは言えません。
心身に悪い場合すらあるのです。

 そうすると、テンションが低いからといって、ムリして高める必要はなくなります。

 むしろ、心が落ち着いている状態かもしれませんので、
今の低いまま過ごすといいでしょう。
 きっと穏やかな気持ちで過ごせるでしょう。

 人や社会を基準にしたのではなく、
 自分の自然なテンションを知っておくと、ムリせず暮らせるようです。



同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事画像
【告知】精神疾患を抱える親を持つ子どもの支援についての研修会のお知らせ
【告知】子どもの支援職向け研修会のお知らせ
自己理解のためのジョハリの窓 補足
【告知】 読んだり書いたりする時の困り感についての講演会
同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事
 家族のことばかり考えている人は自分のことは後まわしの話 (2020-03-29 06:00)
 聞こえないと発言しなくなるかもしれない話 (2020-03-25 06:00)
 日本人は怒りの表情に悲しみを感じるらしいという研究の話 (2020-03-13 06:00)
 自立を支援するってのは、自活の支援だけじゃないんじゃないかと思った話 (2020-03-09 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
テンション高いって、緊張してるってことなんです
    コメント(0)