ヤンキーについての本を読んだのでした。

2015年07月26日

 『世界が土曜の夜の夢なら ヤンキーと精神分析』
     (斎藤 環 角川書店 2012)を読みました。

日本人は、なぜかヤンキー的なものに惹かれる。
その理由を、いろいろな方面から分析した本です。

 確かに、私の青年期もヤンキーは多かった。
私自身、
 好きなマンガはヤンキー烈風隊でしたし、
 格闘技やってたんで、行動重視な意識を持ってましたし、今でもやはりそうです。

一言でいうと、気合いで物事をなんでも片付けるのですね。

 そんなだから、日本人がヤンキーに惹かれる感覚もなんとなく分かります。

著者の主張の一つは、

 ヤンキー的な生き方に惹かれる。

とのこと。

 何をしたか、何をなしたかという結果ではなく、どんな風に取り組んだかという、心の姿勢に惹かれるというのです。


 社会常識・ルールに囚われない、自分の好きなことをする。
それでいて、理想と現実的打算との折り合いを上手につけて生きていく。

 そこら辺が魅力なのかもしれません。

 ひきこもる人たちはじめ生きづらさを持つ人たちは、この折り合いの付け方に苦労しています。

 この記事続く


同じカテゴリー(本の紹介)の記事画像
社会でやっていく苦悩と喜びの話
不登校・ひきこもりが終わる時の話
『名前のない生きづらさ』のご案内
『ぼくんちへおいでよ』のご案内
同じカテゴリー(本の紹介)の記事
 読む聞く想像する力についての本を2冊読んだのでした。 (2020-03-21 06:00)
 ひどい仕打ちに耐え抜いて権利を手にした人たちの英知の集積の本のご紹介 (2020-03-17 06:00)
 自助グループは、今の仲間だけのことを考えてるんじゃないという話 (2019-11-23 06:00)
 トラウマ関連のことをよく知った上でのケアを実践する本を読んだのでした (2019-10-25 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ヤンキーについての本を読んだのでした。
    コメント(0)