2015年07月06日

上から目線のサポートって不愉快です。

 支援者の姿勢について、日頃よく議論します。

 そこで今回は、
上から目線のサポート
 について考えてみます。

 支援者や当事者仲間と議論する中で、
上から目線というと、
高圧的や威圧的とか、オレの言うことを聞け的な家父長的パターナリズムとか、ってイメージが多いよう。

 つまり、
 被支援者、当事者の言い分に耳を傾けず、一方的に自分の正しいことを押しつける支援。
上から指導型、訓育型の支援と言いましょうか。
 教育する姿勢が前面に出た支援スタイルに多いかもしれませんね。

 だから、上からじゃない支援となると、
  被支援者、当事者の言い分にしっかり耳を傾け、一緒にどうしていったらいいかを考え、実践する支援。
寄り添い、伴走型の支援と言いましょうか。
 共同で事に当たる姿勢が前面に出た支援スタイルに見えます。
 ※ちなみに伴走型って、走るのが前提なので、私聞風坊はあまり好きな言葉ではありません。そんげ走らせんで~大泣きと思うのです。
 
 だから、前者は上から目線で、後者は水平目線と考えられています。

 でも!!!
ここに大きな落とし穴があるのを知ってます。

この記事続く。



同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事画像
【告知】精神疾患を抱える親を持つ子どもの支援についての研修会のお知らせ
【告知】子どもの支援職向け研修会のお知らせ
自己理解のためのジョハリの窓 補足
【告知】 読んだり書いたりする時の困り感についての講演会
同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事
 ほめてもムダな人の話 (2019-03-20 06:00)
 寄りそっちゃダメな話 (2019-03-15 06:00)
 眠れないのは、眠ることが恐怖だからかもしれない話 (2019-03-10 06:00)
 牙をむく行為は、暴力を防ぐためかもしれない話。 (2019-02-15 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。



【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。
削除
上から目線のサポートって不愉快です。
    コメント(0)