2015年06月20日

援助職によりそう患者

 ひきこもり当事者、アダルトチルドレン、患者、児童生徒学生、少林寺拳法・太極拳の弟子・生徒、
として、
 未熟な立場、弱い立場、習う立場、教えてもらう立場、何かしてもらう立場などなど、

援助・支援してもらう立場に立つことの多い私聞風坊です。

 その立場から言いますと、

結構、援助・支援職の人に気兼ねしています。

 特に、援助・支援職からの、こうしたらいいよ、あぁしたらいいよというアドバイスと、
ちょっと違う意見を持った場合、

 「そうですねぇ・・・ しょんぼり
と、うつむき加減に返事示します。
 これ、そのアドバイスは受け容れられません。
と言ってるのと同じ。

 または、
「気にしないで、前を向いていきましょう グー
という励ましにあっては、

 「・・・カエル
じっと黙ってたり、

 「そうですね、頑張ります ニコニコ
とか無理やり元気をふりしぼった発言したり、

 最大限の異論の表明として、
「そうできたらいいんですが・・・(できないし、やらないし) キョロキョロ
 とつぶやいたりします。

 いずれも、相手の心情を思いやっての行為。

 ホントは私の気持ちに寄り添ってないんだけど、
一所懸命に本気で心配してくれてるから、ちょっと我慢しよう。

 私のことを無能だとみているようだけど、
この状況では指摘しても無理だろうし、まぁ話合わせて、自分に役立つことだけに耳を傾けようか。

 せっかく親身になって一緒に頑張ろうと言ってくれてるのだから、
気がすむまでアドバイスに付き合ってみよう。

 無意識にそんな思いになるのですね。

 援助・支援職の人は、自分たちだけが、
相手を思いやり、優しくし、気遣い、配慮していると思いがち。

 でも、
 援助・支援をされる方も、結構気を遣っているのでした。



同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事画像
【告知】精神疾患を抱える親を持つ子どもの支援についての研修会のお知らせ
【告知】子どもの支援職向け研修会のお知らせ
自己理解のためのジョハリの窓 補足
【告知】 読んだり書いたりする時の困り感についての講演会
同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事
 ほめてもムダな人の話 (2019-03-20 06:00)
 寄りそっちゃダメな話 (2019-03-15 06:00)
 眠れないのは、眠ることが恐怖だからかもしれない話 (2019-03-10 06:00)
 牙をむく行為は、暴力を防ぐためかもしれない話。 (2019-02-15 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。



【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。
削除
援助職によりそう患者
    コメント(0)