2015年02月02日

ひきこもる生活のやり方

 面と向かって挨拶するのは、テレビのアナウンサーだけだった
十数年ほど前のこもっていた頃、

今の生活を充実させるには?

 と考え出した時期がありました。
 落ち着いて過ごせる時間が増え、自分の意志で使えるエネルギーも多くなってきた感じがする頃のように記憶しています。

そのためには
 何をする?
と考えたとき、

 好きなことをする。
と思いつきました。

 で、
 何が好き?
と自問したら、

 知りたい!
 今のままの生活はおかしい。自分に悪い。
という気持を確認しました。

 今にしてみると、情報を知りたいとか、インプットしたいとか、究極、学びたいとかの意欲だったように思えます。
 それまでの学校生活では、自分が学びたいことを学んだというより、学ばねばならないことを学んでいた思いだったのですね。

 それから、六畳一間だけの生活空間は、自分は好きではないと思えました。
 好きなときに出て、好きなときにいるという自由がありませんもの。

 そこで、
図書館に行ったり、CD屋さんに行ったり、本屋さんに行ったりしていました。

 その時ネックとなるのが、お金 金貨 です。
収入がないので、支出ばかりが増えていく生活。
 そう、生きているだけで衣食住に支出しているのですもん。

 親から小遣いをもらうとすると、親への借りばかりが増えていく。それはとても恐ろしい心の負債です。

 お金をかけずに、知識を入れるにはどうしたらいいか?
いろいろ知恵をしぼり、下記のように生活していきました。

行動:日のあるうちに活動する。
利点:電気代がいらない。昼夜逆転も変わり社会の無料サービスが受けやすくなる。

行動:本は図書館で借りて読む
利点:無料。人と静かに距離を置いてつきあえる。読んだ本がたまっていかない。外出である。

行動:ビデオは図書館で観る。
利点:無料。借りる時、人と最低限の会話をする。外出である。

行動:歩く。
利点:無料。身体にいい。走るより負担が少ない。外出である。※1日2、3時間歩くこともありました。外気が気持ちいい。人はあまり自分を気にしていないということを知る。

 こうして、
図書館に行くと決めたことを達成したことを喜び、
読書やビデオを楽しみ、
無事に歩いて帰宅して、やりたかったことをやり遂げた充実感を味わって、1日を終える。
 こんな風にやっていました。

 なかなかのオモシロイ生活でした。自由を満喫したというところでしょうか。
しかも、社会に受け入れられる範囲でしたので、自分を責めることもありません。

 もし今、こもっている人で、フツーはこんなことしていない。こんなことしていちゃダメだと思って、
上に書いたような生活を邪魔するときは、、

 あのフツーの人たちは、仕事や友達や家族と過ごすことで一日を充実させている。
 私は、今までやらねばならないことをしぶしぶやって来た。
 そのために自分の時間を捧げてきた。
 だから今は、自分のために時間を使っている。

 あなたたちは仕事などで1日を充実させているのだろう。
 それがあなたたちに必要なことなのだろう。

 私は自分が決めた日課で1日を充実させている。
 それは私にとって必要なことなのだ。
 なぜなら、
 私の今の仕事は、私が決めたことを達成することだからだ。

なんて言ってみると、いいかもしれません。



同じカテゴリー(ひきこもる)の記事画像
【告知】ひきこもり つながる・かんがえる対話交流会in宮崎が開催されます
【告知】ひきこもりフォーラム2019のお知らせ 再掲
生活困窮者支援制度とひきこもりについての話
【再掲】 不登校・ひきこもりフォーラム2018のお知らせ
同じカテゴリー(ひきこもる)の記事
 ほめてもムダな人の話 (2019-03-20 06:00)
 寄りそっちゃダメな話 (2019-03-15 06:00)
 眠れないのは、眠ることが恐怖だからかもしれない話 (2019-03-10 06:00)
 ひきこもりは社会問題としてより個人間の問題じゃないかと思った話 (2019-03-05 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。



【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。
削除
ひきこもる生活のやり方
    コメント(0)