なぜ、いつもいつもダメ出しするのかなぁ

2014年10月24日

 少し前、
 ダメよぉ、ダメダメぇ。
 というフレーズが耳に残ってしまい、つい口ずさんでしまっていた私聞風坊です。
 面白いフレーズは意味もなくくり返してしまう癖が強い私ですが、
 そんな状態も一段落着いたので、

 今日は、なぜダメと言ってしまうのか?

 しかも、
あの子と顔を合わせるたんびに、
 あの人と会話をするたんびに、
   誰かから相談されるたんびに、
     何かが目に入るたんびに、
  何かの話を耳にするたんびに、

ダメだ、
 そうじゃなくて、こうした方がいい。
なぜ、そうしないんだ。
 だからダメだ。

 と言ってしまうのか?

 について考えてみました。

 さて、
 上記のような場合のダメ出しは、相手を全否定するのではなく、
それじゃあダメだわ。もっとこうすればいいのにィ。

 という風に、
それよりも、もっとよくしたいアップ

 という改善意欲から発せられると思われます。

 これは、
よりよくすれば、完璧なGoodOK
 に近づくだろうに!

という思いです。

 今の状態は、悪くはないけど、完璧なGoodではない。
 完璧なGoodは達成していない。ノットコンプリートだ!

 そこで、完璧なGoodを達成するために、未達成の部分にダメ出しをし、
それを改善することで、完璧を目指すのですね。
 そういう方法で、完璧を目指そうとしているのです。

 ですがこれ、いつもいつもダメな部分、達成していない部分ばかり強調されるので、
できないことをくり返し確認することとなり、
 だからもちろん達成感は味わえません。

 なにもできず、なにも成し遂げられない。
ってことをいつもいつも確認することになります。

 こんなことをくり返していると、自信も、やる気も消え失せて、
なんにも取り組む気色がしなくなってしまいます。
 だって、やれば非難されるんだもの。

完全を追求するあまり、不完全さを糾弾することになっていないか?
よりよく改善する意図が、逆効果となっていないか?

 よかれと思って言ってることが、
かえって悪いことになってないか?

振り返ってみることは大切でしょう。

 そして、もし変えたくなったら、
できたことに注目し、
達成したところまでをきちんと評価し、
 心地よさをを味わってみる
ようにしたらいいかと思います。

 私たちは、
完璧じゃないにも関わらず、OK感を味わっていいんですよ。



同じカテゴリー(交流分析)の記事画像
自分を守る保護膜の話
フツーの社会と私の心はまったく合わないのでした
世界からやって来る!!
交流分析の世界大会あります
同じカテゴリー(交流分析)の記事
 30歳でシナリオが終わった話 (2019-12-01 06:00)
 とにかく言われたことをやってみる人生の話 (2019-11-27 06:00)
 千尋の谷に落とそうと奮起する親に育てられた話 (2019-11-15 06:00)
 自分のお気に入りのアニメ通りに人生を生きているかもしれない話 (2019-11-11 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
なぜ、いつもいつもダメ出しするのかなぁ
    コメント(0)