人を裁かないでいいのです

2014年06月22日

 自助グループの学びの続きです。

今回は、「裁くな!」

 これもよく指摘されて、ミミタコの一言です。

依存症、依存症家族、アダルトチルドレンは、裁き癖が強いのですね。

また呑んだんだ! だから、あんたダメだ。
あんたがそうだから呑むンじゃないか! だから、あんたダメだ!
 と、夫婦ゲンカで相手を裁きあったり。

あーじゃない。正しいのはこうだ。だから、あいつはダメだ。
 と、テレビでニュースを見て、酷評したり。

あんたのせいでこうなった。だから、あんたダメだ。
 と、親を責めたり。

あの人は人を裁いてばかりだ。だから、ダメだ。
 と、誰かを裁く人を裁いたり。

 これ全部、相手を裁いています。
ダメちっ、ちっ、ちっ って。

 私たちは、
相手の事情、都合、状況など、
現実的な事実を知るよしもないのに、
いえ、思いやることもなく、

 そんな自分の幼稚さは棚に上げて、
1人勝手に決めつけて、物事の是非、その人の是非を裁可するのですね。

 人を裁くと、なんだか自分が偉く、力強く、なんでも知ってるような気になって、
とっても気分がいいんですね。
 お裁きを口にした瞬間の自分の「どや顔」、きっととっても不敵ですよ。

 でもこれ、相手にばかり目が行ってるんです。
自分のことに目が行ってないんです。
 だから、自分を改善することができないんです。
 都合、私はずっと幼稚なままなんですね。

 自助グループでは、
相手のことなんかどうでもいいんです。
 まず自分。

 自分をよくすることが一番重要なんです。
※相手は相手自身がよくするからです。

 だから、人を裁きません

 ついでに言うと、自分も裁きません。
裁いても、自分の成長につながらないからです。

 自分の成長のためには、誰かを裁くのではなく、裁いてスッキリして終わるのではなく、
自分を改善するしかないのです。
 誰かを変えようとするのではなく、自分自身(のなにか)を変えるのですね。

例えば、

あんたのせいでこうなった。にも関わらず私は、自分の良心に従ってこんな風に生活していく。
 
あーじゃない。これが正しい。だから私は、その正しいことをして自分を成長させる。

また呑んだんだ。それはあなたの責任だから、私はその責任は負わないよ。

 と人の行動の責任を負わない生き方に変える。

あんたから嫌なことを言われても呑まないよ。それ以外の方法でやるんだ。
 と自分の行動に責任を持つように変える。

こんな風に。



同じカテゴリー(アダルトチルドレン)の記事画像
アダルトチルドレンの痛み
同じカテゴリー(アダルトチルドレン)の記事
 トラウマを負うと恥を感じるとあるけれど (2020-07-30 06:00)
 ピア活動者は専門職より低く扱われるような気がする話 (2020-07-02 06:00)
 自責の念が強い子どもだったような話 (2020-05-31 06:00)
 家族のことばかり考えている人は自分のことは後まわしの話 (2020-03-29 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
人を裁かないでいいのです
    コメント(0)