子どもだっていいんだもん

2014年01月24日

 TA・交流分析では、私の状態を、PAC・「親」「成人」「子ども」の3つのうち、

どの状態にいるか? として見ます。

 なにかされた。

 なんだかミョーなプレッシャーで、なんかせんといかん。

こんなストレス状態にあると、「子ども」の状態にいることが多くなります。

さて、この「子ども」の状態にいるとき、どのように考え、感じ、行動するかというと、

 ムカつく! 絶対復讐してやる! としてやり返す。

 悲しくなって、もうダメだと思って、しょんぼり何もしない。

 なんかやらないかん雰囲気やから、嫌やけど、やるわぁ。あ~あ。

のように、
 反抗したり、
 従順になったり、
が多いでしょうか。

反抗は、テンション高くてやる気満々。アドレナリン全開ですね。
従順は、安全第一。争いは避けるのですね。

 今、このやり方を変えたくなったら、もう一つの「子ども」の状態でのやり方があります。
どうやって楽しもうか考えて、楽しみながら、楽しむことをする。

 ストレスや、嫌な出来事も、楽しんでしまうのですね。

やりたくないことを言われたとき、

えぇ~、やだやだと足をばたつかせながら、言われたその状態を楽しむ。叫び

もう限界と、うつぶせ大の字になって床にのびる。バタンキュウ状態ですね。大泣き ※できれば、それを誰かに見てもらう。

う~、ガンバルマン! 力こぶ とポーズを決めて、取り組む。

こんな風に。

 同じ「子ども」の状態にいても、どのようにいるかは、私たち自身で決められるのです。
反抗的か?
従順か?
自由・自然か?

どんな風にする?

 この問いはとても役立ちます。 



同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事画像
【告知】精神疾患を抱える親を持つ子どもの支援についての研修会のお知らせ
【告知】子どもの支援職向け研修会のお知らせ
自己理解のためのジョハリの窓 補足
【告知】 読んだり書いたりする時の困り感についての講演会
同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事
 自分って、いつも現場にいるなと思った話 (2020-01-02 12:00)
 子どもを利用する親とそんな親を利用する子どもの話 (2019-12-25 06:00)
 家族が社会化しすぎるとまずいように思う話 (2019-12-17 06:00)
 ひきこもり期間を一言で言うと (2019-12-13 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
子どもだっていいんだもん
    コメント(0)