2013年12月18日

ゆだねることも大事です

 自助グループで学んだことの一つに、

ゆだねる

 というのがあります。

 私たちは、何かしらの責任を負っているのが常ですが、
ときに、なんでもかんでも自分がどうにかしないといけないような気持になって、

 あれやこれやと何事にも関わり、
    なんやかやと口を差し挟み
  あーでもないこーでもないと頭を悩まし、

 挙げ句、思う通りにならない人、物事に、怒ったりします。

 さて、
そんなことが当たり前になっている私たちに対して、
自助グループは、

 本当に、その事は、
あなたが取り組まねばならないこと?
  あなたが意見を言わねばならないこと?
    あなたが悩まねばならないこと?
 との問いを投げかけます。

 そして、
あなたが解決できそうなことなの?
  あなたの思う通りになることなの?
    あなたが支配できることなの?
 との確認をとります。

 この問いと謙虚に向きあうと、
ほとんどの答えは、今自分が思っているほどではないという答えに行き着きます。
そして、私が今やっていること以外の選択肢があることにも思いが行きます。

 それは、例えば、こんな風なかもしれません。

そこまで熱心に取り組まなくてもいい程の大きさの問題だ。
  基本、他人事なので、見守る程度でいい。
    私の日常のほとんどをその事で占めなくていい。
 私には、そのことよりも優先すべき私のことがある。

 何より、私が期待するほどには、それらのことを支配し、管理し、制御できる能力は私にはない。

 私の手に負えないことは山とある。
それは事実。
 そして、それで私の価値は下がらない。
それもまた事実。

 私の手に負えないことは、もっと大きな力にお任せしよう。
何者かに任せても、私の価値は下がらない。
 それは、私が無能ということではない。むしろ賢明だ。

 できることに取り組み、できないことは喜んでゆだねよう。
誰かに、時間に、良識に。

 ゆだねる。ことを覚えると、
私は自由になり、
 より自分ができることに気兼ねなく力を注げるようになりました。



同じカテゴリー(自助グループ)の記事画像
【告知】自助グループについて考えるイベントのお知らせ
大人の発達障害当事者グループShikibuのご案内
同じカテゴリー(自助グループ)の記事
 ひきこもり状態の人がどんな風に自分を変えたがっているかの研究の話 (2018-12-15 06:00)
 変えられるものと変えられないものを見分けてやっていく話 (2018-10-05 06:00)
 まだ会っていない仲間のことを思う話 (2018-04-10 06:00)
 批判をする時の腹構えの話 (2018-04-05 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。



【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。
削除
ゆだねることも大事です
    コメント(0)