朝が不機嫌なのはね

2013年12月14日

 一般的でない経験をした人は、一般的に共有されていること、つまり常識とは距離を置いた感覚を持つでしょう。

 例えば、暴力などを頻繁に経験した人は、
命は重い。
 という一般的な認識がしっくりこないかもしれません。

 だって、経験的に私の身体、命、考え、感情、感覚は軽んじられてきたのですから。

 また、
明るい日射しとともに新しい一日が始まる朝は元気いっぱい、心地いい。
 という、朝についての認識も、またしっくりこないかもしれません。

 だって、昨日と同じような一日の始まりだもの。
 まずは安全が確認できるまでは、気が抜けません。
苦痛の始まりに、ご機嫌ではいられません。

 さて、こもる人は、昼夜逆転生活をよく送っています。
夜は、家族が寝付き、世界が眠り、脅威が減って、少しばかり安心して過ごせる時間ですもんね。

 やがて朝になって、街が静かに起き出し、喧噪が増えだし、それでも今しばらくはなにごともなさそうな確認ができます。
 とりあえず今は安全だ。
そうしてやっと、気が抜けて眠りにつける。
 昼間何が起きるかはこの際どうでもいい。後は野となれ山となれ。

 一般常識とはだいぶ違う、
そんな気持ちで過ごしていたなと、思い出したのでした。



同じカテゴリー(ひきこもる)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと
同じカテゴリー(ひきこもる)の記事
 ひきこもりの始まりは「失敗」だった話。 (2020-04-09 06:00)
 自立を支援するってのは、自活の支援だけじゃないんじゃないかと思った話 (2020-03-09 06:00)
 予防という発想がおぞましい話 (2020-03-01 06:00)
 不登校とひきこもりの違いについて考えるシリーズ4 最終回 (2020-02-25 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
朝が不機嫌なのはね
    コメント(0)