失敗を活かすのが自助活動です

2013年12月10日

 今まで、自助活動の良さを記してきましたが、その良さにたどり着くまでは、たくさんの先輩方の失敗があったようです。

 自分の心の癖を振り返り、自分をよくしていくはずの自助グループなのに、
気がつくと、
 トランプゲームしてたり、
  カップルになっておしゃべりしていたり、
    誰かの悪口を言うだけの集まりになっていたり、
  イベントやチラシ配りをして社会に訴えることが一番の目標になっていたり、
    組織化して、上下関係や役割分担ができて、主従関係や、他人事の意識が芽生えたり、
      グループに参加しない人に、批判の目を向けたり、グループ参加を強要したりと、

目先の楽しさに走り、
  傲慢にも独り善がりの正しさを他者に押しつけ、
   自分を変えるより他者を変えようとする
私たちの悪い癖がまる出しの活動になっていったことが多くあったようです。

ミーティングのために集まり、終わったらすぐ帰る。
交際禁止。
匿名主義。
組織化しない。

 などの鉄則は、
そんな失敗経験から生まれたようです。

 そうして形作られてきた文化のためか、ミーティングでは、日常の個人的失敗も成功も語られます。
それは、自分を振り返り、よりよい方法を発見することにつながり、
そして、他のメンバーに勇気を与えます。

 あぁ、そんなんでもいいんだ、と。

 失敗は糧になる。

 自助グループの最大の恩恵は、
メンバーが希望を得ることだと言われています。


タグ :失敗希望

同じカテゴリー(自助グループ)の記事画像
【告知】自助グループについて考えるイベントのお知らせ
大人の発達障害当事者グループShikibuのご案内
同じカテゴリー(自助グループ)の記事
 自助グループは、今の仲間だけのことを考えてるんじゃないという話 (2019-11-23 06:00)
 自助グループのダークサイドの話。 (2019-11-19 06:00)
 当事者活動で本名を伏せる話 (2019-03-30 06:00)
 ひきこもり状態の人がどんな風に自分を変えたがっているかの研究の話 (2018-12-15 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
失敗を活かすのが自助活動です
    コメント(0)