こもる生活でなにをしていたか?

2013年11月04日

 役立つことシリーズ! というわけではないのですが、
こもる生活の中で、私は何をしていたか?

をお伝えすることは、何かしらの参考になるかと思ったので記します。

何をしたか?

 一言で言うと、
身体の言うことを聞いた。
となります。

気持ち、意識、最近は認知なんてよく言いますが、とにかく思考にしたがっていると、

なんで生きないといけないん?
 なんで死んでないん自分?
みたく、必ずネガティブに、苦しい方向に向かうのですね。

 それでいて、身体はというと、
爪は伸びるし、鼻毛も伸びる。ケガは治るし、なんだかんだ言って眠気も食欲もあるのです。
美味しいものを食べれば美味しく感じるし、※こんなもの食べてとか考えない限り
風呂に入れば気持ちいいし ※どうせきれいにしたって魂汚れたままだしなんて考えない限り
 肉体は正直!

 そして、私の身を保つということに精一杯休まず働いている!!!
 考えばかし、理想論ばかしで、自分を大切にすることなんて無頓着だった、
頭でっかちの自分が恥ずかしく思えたのを覚えています。

 だから、反省を込めて
身体の言うことを聞くようにしたのです。

身体にいいことを!
身体が喜ぶことを!
 を心がけて、

 まず、夜眠れるように朝起きるようにし、
両腕を前後に振りながらのレスラースクワットをし、ワンセット30回を3セットとか、

四股を50回踏んだりとか、

トランプのカードを一枚引いて、出た数だけ腕立てをしたりとか、

少林寺拳法や空手の型をやったり、

立ったままテレビや読書をしたり、 ※ご飯を立って食べたらさすがに家族はビックリしてました。

曜日を決めて週に1回は、歩いて40分ほどの遠くの本屋に歩いて行ったりとか、

掃除洗濯もよくやりました。

 いろいろ工夫してやっていました。結構楽しんでいたのを覚えています。
苦しい中にも楽しさは生み出せるのですね。

 この前、トラウマケアの研修を受けたのですが、その中で、身体を動かすことがいいとの話がありました。
特に左右同じ動きがいいらしいです。

 スクワットや腕立てみたいな対象な動きはいいようですね。
個人的には、四股がオススメ。地面を足裏全体で踏みしめると、力強さを実感できてムフフでした。 
 ※↑丈夫な床の上か、地面の上でやりましょう

身体を動かすと、今ここにいる自分を実感できます。
過去の嫌な出来事の中にいるのでもなく、
 きっと悪いことが起きる! という不安な未来の中にいるのでもなく、

 今ここで、穏やかに体を動かしているいることを体験できることがいいのでしょう。



同じカテゴリー(こもる生活の工夫)の記事
 少林寺拳法で身体感覚に目覚めた話 (2017-09-21 06:00)
 ひきこもらないようにしていたこと (2017-09-09 06:00)
 トラウマケアのこと 9 まとめ (2017-09-06 06:00)
 トラウマケアのこと 7 タッピング (2017-08-31 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
こもる生活でなにをしていたか?
    コメント(0)