自己責任をとりましょう

2013年07月30日

 小泉内閣の頃でしたか、なにかと口にされていたのが「自己責任」でした。

 戦場に出向くジャーナリストをはじめ、ひきこもり、ニート、不登校から、生活習慣病の人まで、
全部自己責任の結果だから、他者は関知しません。
 という風潮のようです。

 これ、今でも続いてますね。

 さて、私がこもった頃、それは自分がアダルトチルドレンだと認知した頃、出会った言葉があります。
「仕事はしなくてイイ、回復するのが仕事だ」
 です。

 確か、アダルトチルドレンの本だったと思います。

まずは自己の回復が優先だよ。
自分を大切にするんだよ。

 というメッセージです。

 そしてそれは、他者の回復や、他者を大切にすること、ときには他者の責任を負うこと
を優先して、
 自分のことを置き去りにしてきたそれまでの生き方を変えよう。

という意味を含んでいます。

自分の回復をはかる。
 自分をよくしていく。
  他人を大切にするように自分も大切にする。

 自分の面倒をしっかり見る。
自分の心身の健康を保つ。
 自分を大切にする。
そういう責任が私たちにはあるんだ。

ということを胸に刻んで生きています。



同じカテゴリー(社会のこと)の記事画像
【告知】ケアニン上映会とトークイベントのご案内
【告知】ひきこもりフォーラム2019のお知らせ 再掲
【告知】インクルーシブ教育のイエナプランの講演会あります!
【告知】困難を抱える子ども・若者支援のイベントあります
同じカテゴリー(社会のこと)の記事
 予防という発想がおぞましい話 (2020-03-01 06:00)
 不登校児童生徒は学校に行かなくてもよくなったらしい話 (2020-02-13 06:00)
 人に迷惑をかけちゃダメよ! の受け取り方が2種ある話。 (2020-02-09 06:00)
 【告知】ケアニン上映会とトークイベントのご案内 (2020-01-04 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
自己責任をとりましょう
    コメント(0)