前提を考えるのでした

2013年07月18日

 サイモン・ベーカー主演の「メンタリスト」というアメリカドラマが好きなことから興味を持って、
NLP(神経言語プログラミング)の本をいくつか読んでいます。

 究極どうコミュニケーションするかについて書いてあるのですが、これが

面白い!

 その中で、前提を明確にするというのがありました。
人は、誰かとコミュニケーションするときに、「前提」をしているのだそうです。

 男の人は車の運転がうまい。
    九州人は酒に強い。
       女子はおしゃれに関心が高い。

 というのを前提にして、
男の人に運転を頼んだり、
  九州の人は、よく呑むでしょう! と下戸の九州人を呑み会に誘ったり、
    オシャレに関心がなさそうな女子を好奇の目で見たり、
することがありませんか。

 さて私、
この前提の考え方に触発されて、なぜか憲法改正に意識が向いたのです。

 改憲か護憲か?!
の話になると、必ず出てくるのが9条問題。

 なぜか
改憲=9条改正で、戦争賛成!
 という論理が出来上がっています。
だから、改憲はとっても悪いことみたいな風潮です。

 ですが、今よりもっとはっきり
戦争しません! 平和を希求するんだ!
 と明示するように改憲するとしたらどうでしょう。

 ですが、このような議論には私の知る限りなっていません。

改憲=戦争賛成
護憲=戦争反対
 という前提の上にみんなが議論しているからでしょうか。
だとしたら、なんだか残念な気がします。

 私たちの日頃の会話でも、前提をまず共有してからはじめると、
ズレが少なく、疎通の取れた交流ができそうです。



タグ :前提NLP

同じカテゴリー(社会のこと)の記事画像
【告知】ケアニン上映会とトークイベントのご案内
【告知】ひきこもりフォーラム2019のお知らせ 再掲
【告知】インクルーシブ教育のイエナプランの講演会あります!
【告知】困難を抱える子ども・若者支援のイベントあります
同じカテゴリー(社会のこと)の記事
 その人は、その人たちの典型例ではないかもしれないこと (2020-04-01 06:00)
 予防という発想がおぞましい話 (2020-03-01 06:00)
 不登校児童生徒は学校に行かなくてもよくなったらしい話 (2020-02-13 06:00)
 人に迷惑をかけちゃダメよ! の受け取り方が2種ある話。 (2020-02-09 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
前提を考えるのでした
    コメント(0)