ひきこもり…承諾してるかどうかはとっても大事。

2013年05月26日

 社会的ひきこもり、ニート、不登校、と名付けられた状態または行動をとる人たちがいます。
※私・聞風坊もその一人

 誰が名付けたかというと、医者、学者、教育関係者、などのいわゆる他者。
本人たちが、私たち○○です。と名乗り始めたわけではありません。

 さてここで大事なことは、

その名称で、あなたたちを呼称していいかな?

 と誰も当事者たちに承諾を求めていないことです。

 こもっていたあの頃、
  社会に出てみんながニートとして私を扱っていた頃、

あなたをひきこもり、ニートと呼んでいいでしょうか? ひきこもりニートとして扱っていいでしょうか?

 と私・聞風坊に承諾を求める人は一人もいませんでした。

 にも関わらず、関わる人は、報告書や記録や説明の際に、私のことをひきこもりと呼び、ニートとして扱っていました。

 さすがに面と向かって「ひきこもりさん」とか「ニートさん」とか呼称する人はいませんでしたが、その人が誰かと話すとき、または日頃胸の内では、私・聞風坊のことをそう呼称していたでしょう。

 対象者の呼称を対象者の承諾なしに決定し、使用するということは、
支援者を名乗る人も含め多くの人が、フツーにやっていることだと思いますが、
 これ、とっても重要な問題だと思います。

 だって、ひきこもり、ニート、不登校って、社会的に否定的な意味合いの呼称でしょ。

 たとい治療のためサポートのためなどで、それがその人の利益に叶う行為をするためであったとしても、

人を否定・侮蔑的な名前で呼称することに平気でいいはずがありません。これ、社会的常識ですね。
 いやしくも支援者を名乗る人が、このセンスに疎いのはイケません。

 私たちは、本人の承諾なしに本人(たち)を否定的なくくりでくくって認知している。
 支援者を名乗る人(たち)は、肝に銘じておくべきです。

 支援者の認知について言えば、
 当時から私は、ひきこもりを自認し公言していましたが、面白いことに、
私はひきこもりではあるがニートではないと表明すると、

 特に、依存症関係の支援者には、それは否認という症状として受け取られ、
    また、メンタルヘルス系の支援者には、リアルな自分と向きあう準備・レディネスができてないと受け取られました。

 その人たちの多くは、当時の学者の主張に従い、ひきこもり=ニートととらえており、ひきこもりは就労問題だと考えていたからのようです。

 だから、明らかにニートであるのに、自分がニートであることを否定する若年無業者である私・聞風坊は、リアルな自分を否定していると見立てたのでしょう。

 余談ですが、あるとき、私がニートに理解を示す発言をしたときの、支援者の一瞬の喜びの顔を今でも覚えています。やっとレディネスができた! 支援・治療関係の門口に立った! と思ったのでしょうね。

 さて、
 ひきこもり、ニート、不登校者は、自己肯定感、自己効力感、居場所、自信がないと指摘されています。
その理由の一つに、この承諾の問題があると思っています。

 それは、
私(たち)が自然な私(たち)でいることを、他者(社会)は承諾しているか?
 という点にかかってくるからです。

 もし、私が他者から、承諾、承認、受容、許容されるならば、私は自分を肯定されたと実感するでしょう。
そうでなければ、程度の差こそあれ私を否定されたと感じるでしょう。

だから、ひきこもり、ニート、不登校について考えるとき、承諾の概念はとっても大事なのです。

この項続く。



同じカテゴリー(ひきこもる)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと
同じカテゴリー(ひきこもる)の記事
 黙ってしまうのは心を閉ざすだけじゃなく頭を閉ざすからもあるような話 (2020-08-08 06:00)
 ひきこもり予防としての不登校支援はやめた方がいいんじゃないかと思う話 (2020-07-14 06:00)
 ピア活動者は専門職より低く扱われるような気がする話 (2020-07-02 06:00)
 ひきこもり当事者本のご紹介 (2020-05-30 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ひきこもり…承諾してるかどうかはとっても大事。
    コメント(0)