分からないことを訊かれても困るのです

2013年05月12日

 どうしたいの?

という質問は、自分の望みを発見することを手助けします。

 どうしたいの? あなた。
    どうしたいの? 俺。

 もし、この答えが明確でない場合、
または、考えても考えてもごちゃごちゃしてまとまらない場合、

 これは、自分の望みが自分自身でよく分かっていないのかもしれません。

 そんな時は、
 どうなったらいいと思う?

 と訊くと有効な場合があります。

 なんの制約も考えず、

自分がどんな風になってるといいか?

 をただイメージするんです。

 そして、その状態に向けて、自分で今できることを考えるのです。

 すると、

どうしたらいいか? が、

 一つや二つは見つかります。

 自分が心地よくなるために自分でできることを発見するのは、楽しいです。

 もし、一緒にこれらのことができるなら、一緒に楽しめますね。
家族にできることは、いくつもあります。



同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事画像
【告知】精神疾患を抱える親を持つ子どもの支援についての研修会のお知らせ
【告知】子どもの支援職向け研修会のお知らせ
自己理解のためのジョハリの窓 補足
【告知】 読んだり書いたりする時の困り感についての講演会
同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事
 家族のことばかり考えている人は自分のことは後まわしの話 (2020-03-29 06:00)
 聞こえないと発言しなくなるかもしれない話 (2020-03-25 06:00)
 日本人は怒りの表情に悲しみを感じるらしいという研究の話 (2020-03-13 06:00)
 自立を支援するってのは、自活の支援だけじゃないんじゃないかと思った話 (2020-03-09 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
分からないことを訊かれても困るのです
    コメント(0)