県北延岡に若者の拠点ができます

2013年04月13日

 厚生労働省が全国に設置を進めている
 若者サポートステーションは、
 ひきこもり、ニートと呼ばれるような、困難を抱えた若者の、就労に向けてのサポートを行うところです。

宮崎県には、今までは宮崎市に1ヶ所あり、スタッフ総力挙げて県全体をカバーしていました。

 今年25年度からは、もう一ヶ所増えて、県北延岡市に設置されます。
5/1の開所に向け、ただ今、準備の真っ最中とのこと。

http://ability-ss.org/frontier/kenpoku-saposute/kenpoku-saposute.html

県北、県南に拠点2ヶ所体制となることで、より地域に腰をすえた丁寧な対応が期待できますね。

 今年からは、在学中の生徒も視野に入れてサポートするとか。
長期にわたる若者を手助けする制度が整ってきたようです。




同じカテゴリー(ニート)の記事画像
【告知】札幌でひきこもり当事者の就労を考えるイベントがあります。
【告知】 ひきこもり・ニートのフォーラム
同じカテゴリー(ニート)の記事
 予防という発想がおぞましい話 (2020-03-01 06:00)
 仕事の仕方だけを覚えるんじゃないんだ! (2019-07-05 06:00)
 就労に生活リズムは関係ないんじゃないかという話 (2019-05-25 06:00)
 子どもの相談に来た親と支援者との会話の1例 (2018-10-30 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
県北延岡に若者の拠点ができます
    コメント(0)