自己犠牲はやめよう

2013年04月10日

 今日は、本ブログ初、自助グループの話です。拍手

 自助グループの定義にはいろいろありますが、
おおよそ、
 自分の問題に自分で取り組む人たちの集まりです。

 私が最初に出会ったのは、アルコール依存症自助グループ系のアダルトチルドレングループでした。

 拙著「こもって、よし!」の後半にたっぷり記録していますが、
そのグループで、
 私はグループの先輩たちの経験にもとづく知恵をたくさんシェアしていただきました。

 その中で特によく注意されたのが、「自己犠牲はやめよう」でした。

自己犠牲というのは、
   自分さえ我慢すれば、
       今私が苦労すれば、
           相手を優先させれば、
 いいことが起きる。

 という思いから、自分のなにかを提供することですね。

 なにかというのは、
 時間であったり、労力であったり、尊厳であったり、喜びであったり、感情であったり、思考であったり、
 とにかく私が手にしているなにかです。

 私たちは、これらを、当たり前のように、提供する癖がついている。
と、グループメンバーはしぶしぶながら認めています。

 だから、
その癖に注意しよう。
 そして、
犠牲を払わずに、いいことが起きるようにしよう。
 と常に努めます。

 だって、自己犠牲って、自分を低く見ている証ですし、
誰かの犠牲の上に自分の喜びがあるのって、なんだかお尻がむずむずしますもん。

 自己犠牲せずに、お互いに心地よくなる。
自助グループでは、ここを目指します。



同じカテゴリー(自助グループ)の記事画像
【告知】自助グループについて考えるイベントのお知らせ
大人の発達障害当事者グループShikibuのご案内
同じカテゴリー(自助グループ)の記事
 当事者が持つようになる社会的役目感のこと (2020-07-22 06:00)
 自助グループは、今の仲間だけのことを考えてるんじゃないという話 (2019-11-23 06:00)
 自助グループのダークサイドの話。 (2019-11-19 06:00)
 当事者活動で本名を伏せる話 (2019-03-30 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
自己犠牲はやめよう
    コメント(0)