やり続けるのとやめるのの境界

2012年11月28日

 人は、なにかをやることで、なにかしらの成果を得ます。

チョコレートを食べれば、幸せになる。
ねぇ、と話しかければ、なんだい? と応えが返る。メロメロ

 また、成果を得るのに少々時間がかかることでも、やり続けることで何かを手にします。

一月働いて、月に一度の給料日にお給料をもらう。
他店のチラシを見比べて、底値の売り出しの日にチョコレートを買って、食べる。

 さて、これらの成果を報酬と呼ぶこともあります。
この報酬と、行動の関係をみると、
 人は、ある行動をして、報酬があると、その行動をやり続けるのだそうです。

テストでいい点を取って、ほめられて、嬉しくなったら、勉強をやり続けます。
こもってた人が、外に出て、人と会話して、楽しくなったら、また外に出よう、人と会話してみよう。と思います。

 一方、
ほめられなかったら、または、ほめられても嬉しくなかったら?

 あるいは、
外に出て、苦痛な体験ばかりだったら、人と会話して嫌な思いをしたら?

 勉強はやり続けないし、外に出たり、話したりすることをしなくなりやすいです。
だって、やってもイイことないんだもの。

 人は、自分の望む報酬が得られる行動を繰り返します。
逆に望まない報酬の行動はやらなくなります。

 TA的な言い方をすると、
肯定的なストロークが得られる行動は繰り返し、
否定的なストロークが得られる行動はやめる。
 とも言えます。

なぜ、その行動を繰り返すのか?
なぜ、その行動をやめないのか?
なぜ、チョコレートを食べるのか?

行動する(またはしない)相手や自分の気持ちに思いをやってみると分かりますね。


 



同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事画像
【告知】精神疾患を抱える親を持つ子どもの支援についての研修会のお知らせ
【告知】子どもの支援職向け研修会のお知らせ
自己理解のためのジョハリの窓 補足
【告知】 読んだり書いたりする時の困り感についての講演会
同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事
 ひきこもりの始まりは「失敗」だった話。 (2020-04-09 06:00)
 家族のことばかり考えている人は自分のことは後まわしの話 (2020-03-29 06:00)
 聞こえないと発言しなくなるかもしれない話 (2020-03-25 06:00)
 日本人は怒りの表情に悲しみを感じるらしいという研究の話 (2020-03-13 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
やり続けるのとやめるのの境界
    コメント(0)