【告知】ひきこもりは語れているのか?

2012年11月15日

 こもってる人が、外に出だした。親の会や支援機関につながった。
よし、本音を語ってもらおう。そうして我が子やうちの事例の役に立てよう。

 ということで、外に出だしたフレッシュなこもってた人は、とりあえず大勢の前で体験発表するというのが慣習です。

 当の本人としても、やっと聞いてくれる人たちに出会えたというので、一所懸命昼夜を忘れて発表の準備をして、
当日を迎えます。

 その場は、語るも真剣聞くも真剣で、いい雰囲気で無事発表終了します。

で、問題が起きるのはたいていその後なんです。

ひきこもりになったきっかけは?
   出たきっかけは?
          うちの子どうしたらいいでしょうか?
         訪問はしてないの?
                ゲーム好き?

 さっき答えを語ったばかりのことの質問の嵐。
ということはつまり、聞かれていないってこと。

それではまるで、語っていないかのようではありませんか。
 私たち当事者の語りはどこへ行ってしまったのでしょう?

 語っているのに、語っていないような状況が生まれつづける不思議です。

はたして、ひきこもりは語ることができるのか?
 大阪の友人のNPOがフォーラムを主催します。
皆さま、どうぞふるってのご参加を。

以下案内より。

次世代わかものフォーラム 第1回(全2回)

 社会で問題化されているひきこもり等の若者について、その当事者の声へいかにして耳を傾け、支援や社会の仕組みに役立てていくかを模索するフォーラム(全2回)を開催します。

■日時11/25(日) 13:30~16:30
■場所 クレオ大阪中央セミナーホール
■参加料 500円
■定員 50名

【基調講演】
マーケティング化する不登校・ひきこもり対策
~精神科早期受診は解決策なのか
講師:米田倫康
東京大学工学部卒、市民の人権擁護の会(CCHR)日本支部
不登校・ひきこもりをめぐる精神科医療問題を指摘。フジテレビ「とくダネ!」NHK「特報首都圏」テレビ朝日「テレメンタリー」など多数テレビにも出演。

http://wakamono-isa.com/?p=444&preview=true

主催・問い合わせお申込み
 特定非営利活動法人 わかもの国際支援協会



同じカテゴリー(告知)の記事画像
【告知】子どもを支える大人養成講座のお知らせ
【告知】子どもの貧困の連鎖を断ちきるために他職種連携フォーラムのご案内
【告知】子どもの心の育ちを支えるためのイベントのご案内
【告知】ケアニン上映会とトークイベントのご案内
同じカテゴリー(告知)の記事
 【告知】子どもを支える大人養成講座のお知らせ (2020-02-12 06:00)
 【告知】子どもの貧困の連鎖を断ちきるために他職種連携フォーラムのご案内 (2020-01-08 06:00)
 【告知】子どもの心の育ちを支えるためのイベントのご案内 (2020-01-06 06:00)
 【告知】ケアニン上映会とトークイベントのご案内 (2020-01-04 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
【告知】ひきこもりは語れているのか?
    コメント(0)