自分を意識するのですよ

2012年09月14日

 私がカウンセリングに出会ったのは20年以上前で、その時以来今までずっとカウンセリングのトレーニングをやっております。
どれほどのトレーニング成果が出たかはナイショ。ヒ・ミ・ツ

 最初の頃は専門の学校に通ったり、グループワークなど頻繁に参加していました。
そこではカウンセラーを目指す人たちとよく会ったのですが、一様に人助けをしたいという熱い思いの人たちばかりでした。

で、これまた一様に先生たちからよく言われたのが、

まず自分だよ。
 でした。

??? なんのこっちゃ?

人助けをする前には、まず自分自身をしっかり知らないとダメなんだよ。
 ってことでした。

 なぜ、人を助けたいのか? どんな手助けが自分にはできるのか? できないのか? 
今の私にどこまでできるのか? 自分はどんな問題ならどの程度どんな風に対応できるか?
 ってことを、自分自身が知っていないと、

 人助けしているようで、その人の足を引っ張ることになったり、できないことを抱え込んだり、大きな問題が起きやすいからですね。

 今でも、まっ先にこの確認をします。これ、限界設定なんて言ったりしますね。

 立場上、こもる人のお父さんお母さんとよくお話しします。
わが子をどうにかしたい。自立してほしい。人並みでいいから幸せになってほしい。
 という気持ちを強く感じます。

 そして、ご自分たちが、手助けできないもどかしさ、いらだたしさ、無力感も同時に。

 わが子のサポーターとなるには、まずなにが大事かと考えます。
これ、カウンセラーに大事なことと一緒。

自分を知ることだと思います。

 その第一歩。
まずは、自分の呼吸に意識を集中します。
吸って~、吐いて~、吸って~、吐いて~…。

そうしてから、心臓の音、手足の皮膚のかゆさ、筋肉のこわばり、ノドのいがいがなどなどにも意識を向けます。

すると、普段意識していなかった、自分の身体に関するいろいろなことに気づきます。

 これをちょこちょこ繰り返すと、
いろいろな刺激・変化・メッセージを受信する能力が高まります。

こうして、落ち着いて自分からのメッセージを受信できるようになると、

他者(子ども)からのささいな刺激・変化をも、落ち着いて受信できるようになります。

 なにごとも、まずは自分を意識することから始まります。



同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事画像
【告知】精神疾患を抱える親を持つ子どもの支援についての研修会のお知らせ
【告知】子どもの支援職向け研修会のお知らせ
自己理解のためのジョハリの窓 補足
【告知】 読んだり書いたりする時の困り感についての講演会
同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事
 自分って、いつも現場にいるなと思った話 (2020-01-02 12:00)
 子どもを利用する親とそんな親を利用する子どもの話 (2019-12-25 06:00)
 家族が社会化しすぎるとまずいように思う話 (2019-12-17 06:00)
 ひきこもり期間を一言で言うと (2019-12-13 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
自分を意識するのですよ
    コメント(0)