支配する親と、養育する親とでOK

2012年09月05日

 TA・交流分析の、機能分析の続きです。

 例えば、
みんなが列に並んでいるときに、ヨコハイリ(横入り)した人がいる。
バーベキューしてる金網を素手でつかもうとしている人がいる。
わいわい騒いでうるさい人がいる。

 そんな時、
これはイカン! 間違っとる! ダメ! うるさい!
 と思ったら、その時私またはあなたは<支配的な親>が機能しています。
 ※以前は、<批判的な親>と否定的に呼んでいたようですが、現在は肯定的な面も考慮し「支配的」と呼んでいます。相手に危険が迫ったときに、怒鳴りつけることで危険が回避できる場合、怒鳴りつけて相手の行動を支配するという行為は有益だからです。

 一方、
ヨコハイリした人がいる。
バーベキューで火傷した人がいる。
わいわい騒いでうるさい人がいる。

 そんな時、
ヨコハイリされた人(まじめに並んでいる人)に対して、同情したり、ねぎらったり、
火傷した人をやさしく手当てしたり、
騒ぐ人の気持ちを思いやったり、優しく話しかけたり、
 となったとき、その時、私またはあなたは<養育的な親>が機能しています。

 と見ます。

 どちらが正しい、どちらかが良い、こちらは悪い、効果的でないということではありません。
どちらも大切な私たちの相手を思いやる、まるで親のような心のはたらきだからです。

 どちらの気持ち(機能)で相手と接した方が、お互いOKな気持になるか?
要はこれです。

 今ここでの出来事を、偏見も思い込みもなく、落ち着いてよく見聞きし、そして行動する。
<成人>が機能していると、それができるといわれています。




同じカテゴリー(交流分析)の記事画像
自分を守る保護膜の話
フツーの社会と私の心はまったく合わないのでした
世界からやって来る!!
交流分析の世界大会あります
同じカテゴリー(交流分析)の記事
 30歳でシナリオが終わった話 (2019-12-01 06:00)
 とにかく言われたことをやってみる人生の話 (2019-11-27 06:00)
 千尋の谷に落とそうと奮起する親に育てられた話 (2019-11-15 06:00)
 自分のお気に入りのアニメ通りに人生を生きているかもしれない話 (2019-11-11 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
支配する親と、養育する親とでOK
    コメント(0)