サポート受けてもツラいひきこもり

2012年08月03日

 まだ終わらないZ氏のつぶやきもいよいよ後半。
 こもって、親の会につながって、体験発表などしても、やはり周囲に理解してもらえてる実感がわかないZ氏。
イライラはつのり、自分だけの力じゃどうにもならないことにしぶしぶながら気づきました。
 まったく希望を無くしつつ、家族に連れられて精神科を受診します。そこで紹介された自助グループに行き、つづいて訪問サポート、就労支援などの、各種サポートを受け、受け入れられる喜びを体験するのですが、そこでもやはりつらさを感じるのでした。

【解説】
 Z氏が参加したのは、自分のことを話すというミーティング形式のグループです。話している人以外は静かに聞き入り、質問やアドバイスなどはしません。聞いた話の中から自分に役立ちそうなことだけを持ち帰り、日常に活かします。
 しかし、安穏とイイことばかりではありません。グループでは、仲違いも起きます。これをヤマアラシノジレンマと呼んでいます。
 グループの役に立つこと、メンバーに喜ばれることで自分をOKだとするこもる人の中には、そもそもグループに参加することが重圧になることもあります。

 いわゆる「若者の専門家」が自宅を訪問し、外界につなげる支援を訪問支援(アウトリーチ)と呼びます。見知らぬ人が自分の安全圏に侵入してくるので、ものすごい重圧を感じます。

 こもる人の呼び名は、いろいろと変化してきました。「ひきこもり」が病的な意味を持つようになったので、比較的健康的なニュアンスの働いていない人という意味でニートが使われる時期もありました。そのために、ひきこもり支援と称してもっぱら就労支援が行われていました。

 また、昨今の医学界の知見によって、こもる人の中に「発達障害」を持ちつつも未診断の人が3割ほどいるということが合意されています。そのために、発達障害ではないか? という視点でこもる人を見立てることが常識化しつつあります。

 また昨今は、一部レイブルという呼び名も提示されています。

 しかしながら、自分はどうなってしまったんだ? という不安を持っているこもる本人にとっては、現状のように自分を指す名前がコロコロ変わることは、混乱を招くよくない事態です。

通院期のつぶやき
 病気が治ると誰が喜ぶ? 何かいいことある? 子どもだまし。バカじゃない?
このまま消えてなくなった方がイイんだけど。
 居場所や自助グループに行けって先生。イイよどうでも。

 結構イイかも。友だちできた。似たような人いるんだ。独りじゃない。ホ。

自助グループ期のつぶやき
 本当にここにいていいの? みんなオレといて楽しい?
あの人できるのにオレできない。みんなみたく上手に話せない。

 今聞いてなかった。ヤバイ。ダメオレ。
今日こそ頑張る。いつも以上に準備ガンバッた。薬も多めに飲む。
 逆にぼーっとして上手く話せない。この前は変なテンションになって失敗。うまくいかない。一生懸命やってるのに。ダメだ。
 ケンカに巻き込まれた。オレが悪い? 頑張っても仲良くできない。なぜいつもダメなのオレ? グループ辞めた。もういい。どこもダメ。

訪問サポート時のつぶやき
専門家が来る。ヤバイ! ここにいられない。また奪われる。侵略だ。
 同じことばかり。バカ親。の子のバカオレ。
来た! 呼んでる。ヤバイ! 引きずり出される。あんな世界に!
固まれ。固まれ! 強く固まれ。奪われないよう、小さく固まれ。

だまされるな! 地獄への道は善意で舗装されてる。 by外国のエライ人

ニート支援期のつぶやき
今日からニート。ひきこもりじゃないって。
どっちオレ?

 オレらコミュニケーション能力がないからセミナー受ける。
今まで人と上手くできなかったのはそれだ。

 バーベキュー。みんな楽しそう。話そうとガンバった。うまくできない。ダメオレ。
やっぱコミュニケーション能力ない。

 自分に向いている仕事? やりたいことない。できることもない。強みない。資格ない。だいたい新卒じゃない。ナイナイナイ。
 面接・履歴書練習。自分をひけらかすな! は間違い。売り込め自分! 売るものない自分。
ダメオレ。

 フリーターじゃダメだって。とりあえずバイトと思ってた。甘いダメオレ。
3年後なんて考えられない。明日が来るかどうかも分からないのに。未来ない。頭まっ白。

 発達障害だってオレ。また違った。病気でもひきこもりでもニートでもない。
フツーじゃないのは知ってる、オレ誰?

まだ続く。


同じカテゴリー(ひきこもる)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと
同じカテゴリー(ひきこもる)の記事
 自立を支援するってのは、自活の支援だけじゃないんじゃないかと思った話 (2020-03-09 06:00)
 予防という発想がおぞましい話 (2020-03-01 06:00)
 不登校とひきこもりの違いについて考えるシリーズ4 最終回 (2020-02-25 06:00)
 不登校とひきこもりの違いの話 その3 (2020-02-22 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
サポート受けてもツラいひきこもり
    コメント(0)