ひきこもることは辛いんだ

2012年07月27日

 数年前のシンポジウムで、若者当事者の生きづらさの声を聞かせてくれとの依頼を受けて作ったZ氏のつぶやき
当初は、どうやって生きづらさを伝えたらいいのか思いつかず、あれやこれやと悩んだ結果、
 ひらめいたのがはやりのつぶやき。
 あぁ、時系列に本音をつぶやけば、会場の人にも再体験っぽいのができるんじゃないか。
と、アイデアか浮かんだのですね。

 そこで、自分や全国のこもる人の体験をもとにしつつ架空のZ氏の半生を作って発表しました。
シナリオの通信教育を受けた私、この手のことは、なれちょっとです。good

 その原稿を記事にした第3段。ひきこもり期編です。
【解説】
 穏やかにこもっている人は少ないようです。どこかの段階で、とてもシリアスな状態を経験するようです。いろいろな思いが自分をさいなんでコントロールが利かなくなるのですね。

 ひきこもりが世に問われだした当初、いろんな仮説がありました。病気なんだ、いや病気じゃない、長男がこもりやすい、女性はいないなど、いろいろな風説がありました。
 その中、ひきこもりの重症度によってレベル分けする試案もありました。

 親の会や、支援者につながると、こもる人は、必ずと言っていいほど体験発表を求められます。吐きそうになりながらも自分の辛い過去を話すのですが、私の先輩も含め全国何千回という当事者の語りが、どれほど事態の改善に役立ったかは今のところ不明です。

ひきこもり期のつぶやき1
なにやってもダメだ。昔のまんま。
つらい。声が出ない。
動けない。とうとう変になった。

・・終わりだ。・・・ホ。

震える。昼も夜もずっと怖い。足音、人の話し声、怖い。
フリーズ。

アタマに来る。不条理。思い出だすのは屈辱。誰も信じられない。

昼間はイヤだ。明るいのがイヤ。夜はイイ。誰もいない。世界にひとりぼっち。今の自分にちょうどいい。
欲しいものない。お金も服もいらない。食べずにいられる?

ネットはイイ。距離感がイイ。

今日も親、相談に行く。本人が来ないとダメって。そりゃそうだ。
待たれてる感じがイヤ。プレッシャー。

6つあるレベル3の病気。対人恐怖というより視線恐怖。まだ軽いから安心。長男がかかるって。医者なのか親。どこで仕入れた?

病気。長男。どうすることもできないことばかり言う。いつも。

親同士の集まりで当事者の声を聞きたいって。当事者って誰? 他人事なのか親? 聞いてくれるなら行く。仕入れ先判明。
寝れない。何を話す? 落ちそう。頑張る。

体験発表時のつぶやき
吐かずに話せた。どや!
あともうちょっとだねってニッコリ、どこかの親。励まし? まだ足りない? これじゃダメ!?
分かってくれない。どこでも一緒だ。

ひきこもり期のつぶやき2
親、卑怯! パソコン空飛ぶ。結構力持ってるオレ。壁の穴は心の穴(ウマイ!)。
それまで奪う。死んでほしい? イイよ、もう、それでも。
だまされて病院。なんで? 治すの? 殺したいんじゃないの? ここでやるの?

続く


同じカテゴリー(ひきこもる)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと
同じカテゴリー(ひきこもる)の記事
 自立を支援するってのは、自活の支援だけじゃないんじゃないかと思った話 (2020-03-09 06:00)
 予防という発想がおぞましい話 (2020-03-01 06:00)
 不登校とひきこもりの違いについて考えるシリーズ4 最終回 (2020-02-25 06:00)
 不登校とひきこもりの違いの話 その3 (2020-02-22 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ひきこもることは辛いんだ
    コメント(0)