2012年07月04日

裁判員制度に緊張するひきこもり

 先の記事に書いたように、避難生活をイメージするのも怖いけど、怖い世の中の出来事は、他にもいくつかあるのです。

 その1つが、裁判員。
日本国民全員が等しく裁判員に任命される!
 という情報を数年前に見聞きし、今も結構なストレスを感じています。

 なんですか、通知が来たら、何をさておき優先せねばならないのだそうですね。
よほどのことない限り原則辞退不可とか。

 ムム。
これはタマランです。

 任命されたらきちんと責任は全うしたいし、
でも、他人様を裁くって嫌だし、
さらには裁判員って特に重犯罪に任命されるらしくって、ちょっとビビるし、

 でも、ひきこもりだからできませんってのは通用しなさそうだし、
となると、
 着ていく服はスーツだろうか、やっぱり散髪行った方がいいのだろうか、裁判員同士の世間話の練習しとくか?
 …と次から次に問いが立って、

 挙げ句、
 だいたい裁判所ってどこ? オドロキ

と、いつものように一人悶々としょんぼりしておりました。

 他に、同じようなわけのわからんストレスがかかる出来事に、インフルエンザがあります。
例年冬場にはやるのですが、予防としては、人混みに行かない、手洗いうがい励行、栄養補給と睡眠だそうです。
※ワクチンは手間とお金がかかるので除外。

 その中で一番効果的なのが、人混みに行かないこと。…と判断しました。

 これ、こもっているときは、なんの心配もいりません。
誰にも会わずに1週間なんてざらですもん。

 でも、外に出だすとそうはいきません。
怖いながらも人中に出ていかねば、今度こもったらいつ出られるかわかりませんもん。

 人混みがインフルエンザの海に感ぜられて、まぁ怖いこと怖いこと大泣き

 そんなこんな不安と恐怖を引き受けて、社会再参画歴10年オーバーとなっております。ハイ。



同じカテゴリー(ひきこもる)の記事画像
【告知】ひきこもり つながる・かんがえる対話交流会in宮崎が開催されます
【告知】ひきこもりフォーラム2019のお知らせ 再掲
生活困窮者支援制度とひきこもりについての話
【再掲】 不登校・ひきこもりフォーラム2018のお知らせ
同じカテゴリー(ひきこもる)の記事
 ほめてもムダな人の話 (2019-03-20 06:00)
 寄りそっちゃダメな話 (2019-03-15 06:00)
 眠れないのは、眠ることが恐怖だからかもしれない話 (2019-03-10 06:00)
 ひきこもりは社会問題としてより個人間の問題じゃないかと思った話 (2019-03-05 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。



【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。
削除
裁判員制度に緊張するひきこもり
    コメント(0)