立つことから始めようひきこもり

2012年06月04日

 先日、花堂純次監督のワークに参加したのですが、そこで、背筋の立て方を学びました。

 スッキリと背筋が立つと、なぜかしっかり足裏で地面を踏みしめられるのですね。
すると全身に一本芯が通ったようで、気持ちは落ち着きつつ、お腹に力がたまってくる感じ。

刺激的な体験でした。

 こもっていた頃、寝てばかりだった生活を変えたくなって、まず立つことから始めたのを思い出します。
 とりあえず立つ、意味なく立っている、本を読むときも、テレビを観るときも、なんならご飯食べるときも、なにかと立っていました。

格闘技の基本は立つことなのですが、青春の頃を思い出して、立ってみることもしばしば。

 ただ立つ。
それだけで、いつもと風景が変わります。

基本通り背筋を立てると、気持ちもなんとなく晴れてきます。

 おもしろいのでいろいろな立ち方をやってみました。
サンチン、開足中段、猫足、十字足、四股立ち、騎馬立ち、前屈後屈立ち…。

こもる生活の中で、ちょっとした変化はつけられるのですね。



同じカテゴリー(ひきこもる)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと
同じカテゴリー(ひきこもる)の記事
 自立を支援するってのは、自活の支援だけじゃないんじゃないかと思った話 (2020-03-09 06:00)
 予防という発想がおぞましい話 (2020-03-01 06:00)
 不登校とひきこもりの違いについて考えるシリーズ4 最終回 (2020-02-25 06:00)
 不登校とひきこもりの違いの話 その3 (2020-02-22 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
立つことから始めようひきこもり
    コメント(0)