人間関係の悪循環をやめてみよう

2012年05月28日

なんかあの人付き合いづらい。

あの人と会話した後は、なんかどよ~んとした気分になる。

あの人のこと考えるだけでイライラする。

 なんて経験ありません?

私、結構多いんです。

 いつもいつも上手くいかない。
工夫してやればやるほどドツボにはまる感じ。
 まさに悪循環。

 そんな時、どうしたらいいんでしょう?
悪循環をやめる方法はないのでしょうか。

 あるんですね。
実は、この悪循環、いくつかのポイントがあるのです。
循環の結節点と言いましょうか、ツボと言いましょうか。

 そのツボを押せば、循環がとまるのですね。
心理学的には、ツボは、さしあたり刺激、感情、思考、行動となります。

 例えば、
(少々失礼ながら)相手の話をスルーする。
相手に会わないようにする。
 というのは、相手からの刺激を受けないようにすること。

相手には悪気があるんだ。
相手は私の立場なんてどうでもいいんだ。
 なんて私の考えに、
実は、私のために厳しいことを言ってくれているのかも知れない。
ストレスいっぱいで、語気が荒くなっているのかも知れない。
 という可能性を加味して、いろいろ考え直してみるのは、思考を柔軟に新しくすること。

その人と相対したとき、あえて胸を張って会話してみる。
または、
とりあえず、うなずいて相手の話を聞いてみる。
 というのは、今までとは違う行動をして、新しい働きかけをすること。

 肝は、感情を直接変えようとしないこと。
ある出来事に対応する感情は変えようがないからですね。
何かを失ったら悲しいし、理不尽なことには怒りを感じるし、思いが叶ったら嬉しいし、見知らぬことには不安を感じるし…。

 なにより、
刺激や思考や行動を変えると、自然と感情も変わるのが分かります。

 心地よくなるためにできること。
結構いっぱいあるのです。



同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事画像
【告知】精神疾患を抱える親を持つ子どもの支援についての研修会のお知らせ
【告知】子どもの支援職向け研修会のお知らせ
自己理解のためのジョハリの窓 補足
【告知】 読んだり書いたりする時の困り感についての講演会
同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事
 家族のことばかり考えている人は自分のことは後まわしの話 (2020-03-29 06:00)
 聞こえないと発言しなくなるかもしれない話 (2020-03-25 06:00)
 日本人は怒りの表情に悲しみを感じるらしいという研究の話 (2020-03-13 06:00)
 自立を支援するってのは、自活の支援だけじゃないんじゃないかと思った話 (2020-03-09 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
人間関係の悪循環をやめてみよう
    コメント(0)