2012年03月13日

支援を受ける力

 先日、とある会議に出てましたら、震災ボランティアの話になり、ボランティアを受け入れる力、
受援力が必要だという話題で盛り上がりました。

 確かに、
助けてもらいたいんだけど、どうやってもらったらいいのかが分からないと、ヘルプも言えません。

書き損じて困ったときに、すいません消しゴム貸して~。
カレンダーを貼り替えるときに、両手がふさがって困ったときに、ちょっとここ押さえてて~。

 自分が何に困っていて、どうしてもらったら助かるかが分かっていると、他者への要求も簡単にできるというもの。

 ですが、何に困っているか分からず、だからどうして欲しいのかも分からない状態だと、
ひたすら困惑するだけ。

して欲しいんだけど…キョロキョロ 
と、不満が具体的でないために、ヘルプできない状態。

こもっている人、家族はこんな状態ではないでしょうか。

 その状態から脱するには、
手助けして欲しいというWantsをこうして欲しいんだという具体的要求Demandに加工する作業が必要のようです。

自分(たち)に必要な手助けは何か?

それを明確に把握し、表明できる能力のことを受援力というのだろうと思いました。

 そして、
この作業の手助けをするコーディネーターの役割の存在が重要だと、件の話はまとまりました。



同じカテゴリー(ひきこもる)の記事画像
【告知】ひきこもり つながる・かんがえる対話交流会in宮崎が開催されます
【告知】ひきこもりフォーラム2019のお知らせ 再掲
生活困窮者支援制度とひきこもりについての話
【再掲】 不登校・ひきこもりフォーラム2018のお知らせ
同じカテゴリー(ひきこもる)の記事
 ほめてもムダな人の話 (2019-03-20 06:00)
 寄りそっちゃダメな話 (2019-03-15 06:00)
 眠れないのは、眠ることが恐怖だからかもしれない話 (2019-03-10 06:00)
 ひきこもりは社会問題としてより個人間の問題じゃないかと思った話 (2019-03-05 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。



【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。
削除
支援を受ける力
    コメント(0)