2012年03月05日

ひきこもりはいろいろだよ

 3/3ユースアドバイザー講座では、ひきこもりのイメージと実際のところの違いについてだいたい以下のようなことをお話ししたのでした。拍手

 社会的ひきこもりは、医療分野から問題提起されてきた概念。
だから、労働分野から提起されたニートとは本来的な意味合いが異なる。

 不登校者が自動的にひきこもりになるわけではない。
こもっている人の最大半分ぐらいは不登校経験者ではある。
不登校サポートが充実すれば、社会的ひきこもり問題の解決に寄与するだろう。

 性別は男性が多いけど、だからといって女性がいないということではない。むしろ社会参画している人のうち社会的ひきこもりに親近感を持つのは女性の方が多い。
 ※個人的には、別の形で生きづらさが表出されていると思う。

 年齢は高くなっている。高齢化と言っていい。比例して家族(親)も高齢になっている。支える力が弱くなっている。
社会的サポートが必要だ。

 日本だけの出来事ではなく、韓国でもこもっている人は少なくない。

 都市部も地方も地域差はみられない。

つまり、どこの人でも、男も女も、若いのも高齢でも、人はこもるのです。

 誰も嫌な出来事からは距離を置こうとするでしょ。
嫌な出来事ばかりがたくさんあると、結果、そんな社会から身を引くことになるだけなのです。



同じカテゴリー(ひきこもる)の記事画像
【告知】ひきこもり つながる・かんがえる対話交流会in宮崎が開催されます
【告知】ひきこもりフォーラム2019のお知らせ 再掲
生活困窮者支援制度とひきこもりについての話
【再掲】 不登校・ひきこもりフォーラム2018のお知らせ
同じカテゴリー(ひきこもる)の記事
 ほめてもムダな人の話 (2019-03-20 06:00)
 寄りそっちゃダメな話 (2019-03-15 06:00)
 眠れないのは、眠ることが恐怖だからかもしれない話 (2019-03-10 06:00)
 ひきこもりは社会問題としてより個人間の問題じゃないかと思った話 (2019-03-05 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。



【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。
削除
ひきこもりはいろいろだよ
    コメント(0)