若者の自立シンポ

2011年12月09日

 12/4にみやざき若者サポートステーションさん主催・宮崎ひきこもりネット共催で行われた
若者の就労・自立を考えるフォーラムで、
 シンポジストとしてお話しさせて頂きました。

 私の専門は、社会的ひきこもり状態にある人の心理なので、労働関係は得意ではありませんが、全国のこもる仲間との労働に関するディスカッションを通して知るところをシェアいたしました。

 不得意分野を結構がんばりましたのですワタクシ。拍手

 さて、どんなことをシェアしたかというと、

 働いたら負けだ。
就労は苦難の始まりだ。
就労先での絶えられない苦痛により再びひきこもるという絶望のループがある。
 などのほか、

 働いてない時期は、何かしら就労準備をしている。
それは、資格を取る。体力を付ける。傷を癒している。各種勉強している。自己洞察・自己成長している。
 ということや、

 そういう意識で、自分の生活を見てみようよ。
というまだ働いていない人へのメッセージなどです。

 今回のシンポで気づいたことは、
 私は社会参画を求めていたということ、それは就労という形でお金をもらうことを目指してないということ。
 一方、あきらかに就労を目指して、社会から一線を画した生活をしている人もいるということ。

 就労という切り口ならば、両者は同じ就労に困難を感じている人たちでくくられます。
しかし、両者の行動の動機は異なっています。

 サポートという視点にたつと、この2つの動機を見極めることがとても重要に思えます。
社会参画を求める人に、良い収入の仕事をあっせんしても動機付けは低いでしょう。
逆に、収入を求める人に、ボランティアのように社会的異議は高いけど金銭報酬は僅少な仕事を紹介しても喜びは薄いでしょう。

 動機は、ニーズにもとづいていましょう。
人はニーズを叶えたくて、動くのですから。

 ニーズに叶うサポートの重要性を再確認した思いです。


同じカテゴリー(ひきこもる)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと
同じカテゴリー(ひきこもる)の記事
 不登校とひきこもりの違いについて考えるシリーズ4 最終回 (2020-02-25 06:00)
 不登校とひきこもりの違いの話 その3 (2020-02-22 06:00)
 ひきこもりと不登校の違いを考えてみた話 その2 (2020-02-19 06:00)
 ひきこもりと不登校の違いの話 その1 (2020-02-16 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
若者の自立シンポ
    コメント(0)