働いたら負けだ!

2011年11月30日

ニートと呼ばれる人、こもる人を始め、就労に困難を感じている人のうち、

 働いたら負けだ!

という感覚を持っている人は少なくないようです。

働く=搾取される
労働者=奴隷
雇用者=暴君
 という認知のようです。

 確かにそんな劣悪な雇用環境は実在しているようです。
一時期世間を賑わせた「名ばかり店長」の雇用形態はこの最たるものでしょう。

 確かに、働かねば食っていけないことは自明です。

 そしてまた、
 劣悪な環境に就労せねばならない現実を前にして、
自ら進んで自滅の道を歩むことに、困難を感じるのも不思議ではありません。
 むしろ極めてまっとうな感覚です。

 はたして、就労に困難を感じる人は、
この葛藤の中で、みもだえつつ立ち往生している人でもあるのではないでしょうか。

 「働いて、今、思うこと」
が12/4シンポジウムのテーマです。

 働くことは負けなのか、勝ちなのか、はたまたどちらでもないのか、どちらでもあるのか?

当日は、皆さんと一緒に考えてみたいと思っています。



同じカテゴリー(ひきこもる)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと
同じカテゴリー(ひきこもる)の記事
 自立を支援するってのは、自活の支援だけじゃないんじゃないかと思った話 (2020-03-09 06:00)
 予防という発想がおぞましい話 (2020-03-01 06:00)
 不登校とひきこもりの違いについて考えるシリーズ4 最終回 (2020-02-25 06:00)
 不登校とひきこもりの違いの話 その3 (2020-02-22 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
働いたら負けだ!
    コメント(0)