理解と共感のひきこもり

2011年11月26日

 12/4に講演される境先生が実施されている家族教室のテーマは、理解と共感と聞いています。

こもる我が子を理解し、気持ちに共感するための連続家族講座のようです。

 世界から孤立して1人こもる人の願いを考えるに、やはり「自分を分かってもらいたい」というのが強いのではないでしょうか。

 それは、

自分の気持ち
自分がこもる理由
社会に出ようとするとき一様に感じる気持ち
今までため込んできた思い
これからのことについての思い
 …。

 社会的ひきこもりとして問題提起があって10年以上たちました。
その間、こもる人との対話を通して、こもる人たちにどんなニーズがあるのかが次第に分かってきています。

 その1つを一言でくくると「理解と共感」となります。

 親子においては、理解と共感ある関係を築こうということになります。
そのための家族教室です。

 仮にもし、親が家族教室に関心がないとしたら、こもる人はどうしましょう?

 そんな時でも、自分自身に「理解と共感」するという方法があります。
やりようはたくさんあるのですもの。

 自分自身を理解し、自分の今ここでの気持ちをよく感じること。

 予想以上に永くなっているこもっている時間を、自分を理解し、自分に共感するために使ってみるのもおもしろいかと思います。




同じカテゴリー(ひきこもる)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと
同じカテゴリー(ひきこもる)の記事
 自立を支援するってのは、自活の支援だけじゃないんじゃないかと思った話 (2020-03-09 06:00)
 予防という発想がおぞましい話 (2020-03-01 06:00)
 不登校とひきこもりの違いについて考えるシリーズ4 最終回 (2020-02-25 06:00)
 不登校とひきこもりの違いの話 その3 (2020-02-22 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
理解と共感のひきこもり
    コメント(0)