ひきこもり講演しました

2011年11月23日

 11/19~20と大分由布院での九州交流会で、
1時間ほどお時間を頂いて講演しました。

 まず、
こもった当時の混乱した状態のこと。

 それから、
こもっていたときの世情に感じたことや、親の会の印象、

 そして、こもってる生活をどのように送ったかについて、
こもる時間を自分を再構築することに使った体験、

それから、社会に再参画している今についてをお話ししました。

 どの段階においても、苦労が絶えないのですね私たちは。
だから生きづらいと感じているのでしょう。
 ということは、どの段階においても手助けの必要ありと言うことです。

 そしてそれは、こもることをしらないフツーの人にも言えること。
なぜなら、私たちは、誰かの手助けがなければ暮らしていけないのです。

 ひきこもりだから特別なサポートがいる。自立してない。ということではなく、こもる人もこもってない人にも、誰にでもヘルプが必要なのです。

 と、こんな感じで、
 自分の体験を踏まえつつ、
ひきこもりは、精神保健の範疇だと厚労省が指針を出していることや。
 ニートとの関連についても織り交ぜならがお話ししました。

 最後には、こもっている時間を自分の心の「親」を育てることに使おうじゃないかという提案を込めて、セルフセラピーである「親」育てについてお伝えしました。

 ひきこもる日常が充実した毎日になることを願っています。
だってそれは、次につながっているのですし。



同じカテゴリー(ひきこもる)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと
同じカテゴリー(ひきこもる)の記事
 不登校とひきこもりの違いの話 その3 (2020-02-22 06:00)
 ひきこもりと不登校の違いを考えてみた話 その2 (2020-02-19 06:00)
 ひきこもりと不登校の違いの話 その1 (2020-02-16 06:00)
 人に迷惑をかけちゃダメよ! の受け取り方が2種ある話。 (2020-02-09 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ひきこもり講演しました
    コメント(0)