2011年10月31日

人権ってなんやろかい

 ちょっと前しばらく、
ひきこもりについて、人権という切り口から考える機会がありました。

 正直、人権なんてアルンカイナ? というのが私の実感。

発言しようとしたら止められた。
表現はバカにされた。
気持ちは無視された。
そうじゃない、こうありなさいと生き方を強要され続けた。

 これらは全部人権侵害なのでしょうが、これらの行為が正当として平然とまかり通る世間にあって、そこに人権が存在するということに懐疑的だからなのです。

 内閣府の調査でも、ひきこもりおよび親和群の人たちは、我慢すること(人を優先すること)が多かったという結果が報告されています。

 ひきこもりは実存的問題だという訴えに共感を覚えるこもる人は、私だけではないでしょう。

 実存的問題というのは、ここにいていいのかどうかが不明という問題でもあります。
 これは生存に関わる問題で、つまりは生存権が脅かされている、または生存権が条件付きで与えられていたということかもしれません。

 勉強ができれば、親の言うことを聞けば、友だちを大切にするならば、社会のいう通りにするならばと、

 こうであるならば生きててイイよ。

ということです。

今、こもる人には、どのようなサポートがいいのか?
を考えるに、

 人権を大切にするサポートというのも一つの視点のような気がしています。



同じカテゴリー(ひきこもる)の記事画像
【告知】ひきこもり つながる・かんがえる対話交流会in宮崎が開催されます
【告知】ひきこもりフォーラム2019のお知らせ 再掲
生活困窮者支援制度とひきこもりについての話
【再掲】 不登校・ひきこもりフォーラム2018のお知らせ
同じカテゴリー(ひきこもる)の記事
 ほめてもムダな人の話 (2019-03-20 06:00)
 寄りそっちゃダメな話 (2019-03-15 06:00)
 眠れないのは、眠ることが恐怖だからかもしれない話 (2019-03-10 06:00)
 ひきこもりは社会問題としてより個人間の問題じゃないかと思った話 (2019-03-05 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。



【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。
削除
人権ってなんやろかい
    コメント(0)