その優しさを自分にネ

2011年10月03日

 私は、たくさんのこもる仲間と出会ってきました。

 印象として、みんなとっても優しい。
他者によく気遣うし、控えめで、よく譲る。

 それでいて、自分に対しては、評価が厳しい。
もっと優しくなれただろう、もっと気の効いたことを言えただろう、もっと空気読めただろうパーンチ
 と、自分を責めるのは常。

 TAで言うと、これらは「親」の働き。
○○すべきだとか、誰々に優しくしたいとかの思いからくる、まるで親のような言動だから。

 自分を律する、向上させるという面からは、厳しさも役立ちます。
でも、度を超すと、大変。

ぜんぜん評価されず、耳を傾けられず、厳しいことばかり、足りないことばかり指摘されて、

 私ってほんとになんにもデキないダメな人。

 みたいな思いになってきます。

 なによりこの厳しい声は、自分の内面の声だからより大変。
最悪24時間、自分の厳しい声にさらされることにもなります。
 それはあまりにもひどい、。

 だから、この自分のこの「親」からの声を、ちょうどいい具合にしてはどうかと提案しています。
自己成長に役立つ程度に。

 ではどうしましょう?
 ヒントがあります。

 他者への優しさです。

 他者へのねぎらい、気遣い、共感、サポート心を自分に向けるのですね。

よく頑張ってるなぁ自分。
ひとつ達成したね、すごいね自分。
辛いよね。
楽しいよね。
イイよ~。

 なんて。



同じカテゴリー(ひきこもる)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと
同じカテゴリー(ひきこもる)の記事
 不登校とひきこもりの違いの話 その3 (2020-02-22 06:00)
 ひきこもりと不登校の違いを考えてみた話 その2 (2020-02-19 06:00)
 ひきこもりと不登校の違いの話 その1 (2020-02-16 06:00)
 人に迷惑をかけちゃダメよ! の受け取り方が2種ある話。 (2020-02-09 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
その優しさを自分にネ
    コメント(0)