虐待を受けて大人になった人のためのケアの本を読んだのでした

2020年10月12日

『児童期虐待を生き延びた人々の治療 -中断された人生のための精神療法-』
(メリレーヌ・クロアトルら著 金吉晴監訳 星和書店2020)
http://www.seiwa-pb.co.jp/search/bo05/bn1001.html

を読んだのでした。

子どもの虐待については、やっと取り沙汰されるようになってきた昨今ですが、
子どもの頃に虐待を受けて今は大人になった人については、まだあまり取り沙汰されていません。
特に、その治療・ケアとなると、とても資源が限られます。
現在の子どものことについても十分じゃないのだから、大人になった人のケアについてはより不十分というのは仕方が無いのかも。

トラウマケアについても、
事故や災害などのケアは進んできているのですが、長い期間をかけて未治療のままの虐待・逆境体験のトラウマケアについてはまだまだなんです。

本書は、そんな大人のためのケアの貴重な一冊です。
大人になって苦労することに焦点を当てて、ケアプログラムが開発されたようです。
だからとても助かる。

大人になって苦労すること。
それは、
感情調節と誰かと何かをやっていくこと。

つまり、
自分の気持ちの扱いと、他者との関わり方、ちょうどいい振る舞い方。
が分からずに、または上手にできずに苦労するんです。

そうなんです。
私聞風坊も、結局のところこの2つにとっても苦労したんです。
今でも。

気持ちの調整がつかないということでどんな風に困るかというと、
身体が言うことを聞かなくなるんです。

うれしいことに出会ったとき、
嫌なことに出くわしたとき、
過去のことをふいに思い出したとき。

身体が動かなくなったり、
あたふたしたり、
動きすぎたり。

なんだかとてもおかしな状態。
いわゆるパニック状態になってしまうんです。

これが、
感情で身体がいっぱいいっぱいになって、感情に身体が振り回された状態であること。
だから、
今感じている感情を知り、身体を落ち着かせることが先決であること。
を知ったのは最近と言えば最近です。

心と身体の調和を保つためには、マインドフルネス瞑想が推奨されています。
今ここの自分の気持ち、身体の状態に思いをやり。ただ受け入れる。

身体が落ち着き、心が鎮まってきたら、どうすればイイかを落ち着いて検討して実行する。
穏やかに穏やかに。それで大丈夫だから。怖いことは起きないから。起きても対処できるから。

実行にあたっては、社会的スキルが必要です。
子どもの頃に虐待を受けて育った大人はもっぱら虐待する相手にのみ関わってきたから、そうじゃない相手に対しての関わり方が十分に身に付いていないんです。
心構えというか、気の持ちようというか。
どうすればいいのか戸惑ってしまう。

身体や心への暴力がともなわない人間関係での関わり方を知らないから。
つい攻撃的になったり、身構えたり、すぐキレて立ち去ったりする。
それしか知らないから。

つまり、
人との交流のパターンがとても少ないんです。
だから、このパターンを増やす練習が必要なんです。

『こもってよし!』や『親を育てるひきこもり』に記した記録は、まさにこの練習の軌跡です。
親以外のフツーの人々、虐待環境でないフツーの社会環境で生きていく術を大人になって身につけていく過程の記録です。

さて、社会参加、人との関わりのポイントは、”パワーバランス”と指摘されています。

相手のパワーと自分のパワーのバランスを考えて、振る舞い方を変える。替える。
それが社会でやっていくコツなんだ。
そんなことを伝えているようです。

これを知らないんです。
教えてくれる大人がいなかったから。

だから、
振る舞い方を間違えて痛い目に遭ったり、白い目で見られたり、空気を読めずに浮いてしまったりするんです。

今どんな風に振る舞うべきか?

職場の上司の意見には基本的に従う感じて。
異見を言うときは慎重に。

友人同士ならそんなに構えず。正直な気持ちを伝え合うように。
とはいえ、ネガティブなことは慎重に。

相手と自分、その場の雰囲気を感じ取って、適切に振る舞う。
時には沈黙。時には雄弁。時には親しく。時には他人行儀に。
時には気持ち重視。時には理論重視。
時には優しく。時には厳しく。

たくさんの振る舞い方、豊かな交流の仕方があります。
これらを身につける必要があります。

自由に、ストレス少なく暮らすために。

そのあと、

そのあとなんです。

トラウマと向きあう。
いわゆるトラウマ処理をするのは。

リソースなんて言いますが、今ここでそこそこ安全で安心で自信をもった暮らしができるようになってから、
過去の苦痛な体験について語るのですね。
ナラティブと言われています。

以上ざっとした説明ですが、
当事者の困難にとことん寄り添って作り上げられたプログラム、手順が丁寧に紹介された本でした。
よろしかったらお手元にどうぞ。