親も呪縛の中にいたこと

2020年09月14日

子どもを虐待する親は、その親自身が虐待を受けていた。
という視点はとても大事です。

私が家の呪いの中にいたように、
親自身も、私以上の年季で家業の呪いの中にいたようです。

TA・交流分析では、ホットポテトとして指摘されていますが、
ゆでたての熱いホットポテトは持っていられないので、そばにいる身近な誰かに投げ渡すことで、楽になろうとする心理です。

そのために、家業の跡取りが必要なんです。
じゃないと自分たちで全部背負わないとならないから。
自分たちじゃもう限界。
誰かに背負って欲しい。
そもそも、
エライ人(大人)から押しつけられた望まぬホットポテトだから。
自分たちが持っていなければならない理由はないのだから。

子どもはその期待を背負って生じます。
年端もいかない頃は、それが普通だから。
親を始め周りの大人全員からほめられるから。
それはきっと正しいことのようだから。

分別がつくようになってからは、
親が口にする家業への怨嗟から、ホットポテトを渡したいという親の魂胆にも薄々気づきながら。
それが社会的役目だと引き受けながら。
それで事がうまく運ぶなら、できるだけのことをしますわ。それ以上はできないけど。という思いで。

家業の呪いに気づいてからは、親も自分と同じ犠牲者だったのだと気づいて。
この呪いは、ホットポテトよろしく親から受け継いだものだと気づき、
自分が呪いから解放されることは、親の呪いの解除でもあることに気づき。

家族を悼みながら、しばらく日々を暮らしていくのでした。