親から奪われたものを悼むことは、親の呪いを解くことの始まり。

2020年08月28日

幼小期に虐待や体罰を受けたりと逆境を経験した人は、与えられなかったものと同様に、奪われたものも少なくありません。

自分の時間
親の都合にいつも振り回されていたり、
親が急にそして強引に用事を言いつけてきたりするので、
落ち着いた自分の時間が持てません。

その状況下で、
少しでも自分の時間がありそうなときは、やりたいことを急いでやり遂げる癖が付くことは自然でしょう。
大人の今でも、なにをやるにしても焦ったように手早くすましているかもしれません。
自分の時間があるうちにと。

自分の時間が奪われる。
自分の時間は奪われる。
これが一生にわたると、人生が奪われたことになります。

尊厳
自分のことしか頭になく、子どもを自分の道具と思っている親は、いかに子どもを利用するかしか考えません。
虐待の英語表記は、Child abuseですが、これはChildのab-use。子どもの不適切な利用の意味だそうです。

だから、
子どもは自分が親から大事にされている、価値を置かれている、大切な存在だという意識を持つことが難しい。
いてもいなくてもいい。親の都合によって、いた方がいいときは喜ばれ、いない方がいいときは嫌がられる。邪魔者扱いされる。
親が必要とするときにのみ、かつ親の利益に叶うときだけ、自分の価値が生じる。
それ以外はないも一緒。
道具のように物扱いされる子どもは、人としての尊厳を自分に感じることはできません。

自分の考え
親の考えに沿った考えしか許されない。
自分なりに考える暇すら許されない。
自分の考えは親に否定され奪われる。

そのうち、
親から育てて貰うことと引き換えに自分の考えを親に差し出す。
自分を提供する。
それが無力な自分が持っている唯一の生き延びる手段だから。

感情
感情も同様。親が望む感情しか感じてはならない。自分の感情は奪われる。
または、命と引き換えに自分の感情を親に提供する。

育てられることを条件に親と契約する。
時間や尊厳や考えや感情を質にして自分の命を守る。
幼小児の決断。

これらのことを大人になって振り返り、

結果として、生き延びた自分をほめ、
ねぎらい、
過去に失ったもの、与えられなかったものを悼み、悲しみ、

区切りをつけることは重要です。

人知れず苦心惨憺頑張ってきたおかげで、
今、相当な困難にも対処できる力を手にしているのだから。

あの頃、生きるなら自分を差し出せと呪いをかけられ縛られていたように、
今も過去のあの頃と同様に呪いに縛られて身動きが取れないだけなのだから。

過去のことを過去に置くことさえできれば、
自然と今と未来に目が向くのだから。

生き延びた自力の強さを感じながら。
やっていけるのだから。

そうやって、
自力で呪いは解けるのだから。

呪いを解く自力があるのだから。


  
タグ :自力呪い


幼いころに与えられなかったものがもたらしたトラウマの話

2020年08月24日

事故や事件、病気、ケガ、喪失体験、ショック体験などにより、

今までの安心、

安全、

日常、

人間関係、

財産、

など、すでに手にしていたものを失うことにより、

トラウマが生じることがあります。

一方で、
トラウマを負うと言われている幼い頃の虐待などの逆境的小児期体験(ACE)では、

そもそも安全や安心や良い人間関係などが与えられていない場合が少なくないようです。

そもそも、人とつながりを持つことを知らない。
そもそも、食事の歓びを知らない。
そもそも、傷み・痛みをいやしてもらうことを知らない。

この場合は、失うというより、

欠如、欠乏と言った方がいいようです。

親から労われる体験が欠けている。
親と心を通ずる体験が欠けている。
親から育まれる体験が乏しい。

欠如体験。
欠乏体験。

与えられなかったんだ。

恵まれていなかったんだ。

ということを後になって知るとき、

心の痛み、身体の痛みを感じるかと思います。

悲しみの感情も。

それは、失っていた感情の1つです。

悲しい、

痛い、

と感じる体験すら与えられなかった。

与えるという言い方をするならば、
これらは、
幼児期虐待・逆境体験が与えるものとなるでしょう。

なんか不足している感じ

なんとなく(自分自身に)しっくりこない感じ

自分には何かしらフツーと違って欠陥があるような、欠落があるような感じ、
ふとさびしくなったり、悲しくなったり、身体の中に空白があるような感じ、
を持つとき、

その感覚は、
自己不全感、空虚感などと言われますが、

与えられるべきものが与えられなかったのだから、
自分には何か不足している何かがあると直感的に感じるのは自然です。

大人の今の自己不全感、空虚感は、
幼児期虐待、逆境的小児期体験が与えるものの一つのようです。


  


確認をせずにはいられない迫り来る気持ちは、昔安全が脅かされた経験から来るかもしれない話

2020年08月20日

ある思い(鍵を閉め忘れていないかきちんと閉めているか? 汚れているんじゃないか? など)が身の内に不意に生じ、

それに占領されて、不安でいっぱいになり、

(カギ締めチェックなど)ある行動を繰り返したり、(手洗いなど)長時間行なったりしてしまう状態になることがあります。

強迫神経症・強迫性障害と名づけられることもあります。

このうち、確認型とも呼ばれることがある

確認を何度もひっきりなしにやってしまう場合は、

心の根底に、

安全が確信できていない。

裏を返せば、

過去に、恐怖におびえる体験をした。

ことがあるのではないかと思いついたのでした。

今現在は、鍵が閉まっていなくても、なにか安全配慮の手落ちがあったとしても、
基本的に安全な状態なので、
恐ろしいことは起きないのですが、

起きるのではないか?!

という強い思いが身の内に不意にわき起こり、
それで、心も身体も占領される。
その思いにもとづいて(確認)行動してしまう。

その時、
心と身体の状態は、過去の危険な状況にいたときと一緒。
言うならば、トラウマのフラッシュバック体験。

このとき、
身の安全を確認すれば、少しは気持ちも和らぐような気がするので、

カギ締め、ガスの元栓閉め、または汚染の除去としての手洗いなどして、
危険対処、危険除去対策をして、
我が身の安全を確認するのかもしれません。

でも、何回やってもどうにも安全な気持にならない。
胃のあたりが重く、息もつまり気味で、鼓動は早く、落ち着かないという
心と身体が不穏な状態が続いている。

だから、同じ行動を繰り返す。

不穏な気持ちを解消するために、
鍵締め確認などの問題解決行動をとっても、不穏な気持ちは解消しない。
のならば、
その問題解決法は適切ではないのかもしれません。

ひょっとしたら、
意識を向けるポイントが「鍵」「身体の汚染」ではないのかもしれません。
本当は、怖いとか、あの時怖かったとかの「気持ち」なのかもしれません。

怖い気持ちを穏やかに見つめ、身の内に収めていると、
恐怖におののいた心と身体が次第と鎮まってくるものです。
呼吸に意識を向けるなどしつつ、感情の強さを調整する方法は有効です。

さてもう一点。
どんな時にこんな状態になるかというと、
なにかをし終えた後、
つまり、一段落した後、または思い出したときにこんな状態になりやすいようです。

それは、
なにかをした後、
何かに集中して一仕事終えた後、
とんでもないことが待ち受けていた経験から来るのかもしれません。

1日学校を終えて帰宅したら、両親が大げんかしていた、家の中がとても険しい雰囲気だった。
家で気を抜いていたら、突然なにか急を要するスゴいことを言ってくる。あんたが居ないときにこんなことがあったと伝えられる。

親の不始末の尻拭いを強要してくる。
迫り来る親。有無を言わせない気迫で。

など。

知らないところで、密かになにかが起きている。
そのしわよせは自分が引き受けねばならない。

気を抜いたとき、安全が脅かされた感覚に陥る。
気を抜くと、なにかが起きる。

だから、
あの時もっと配慮していれば、このヤバいことは防げたような気がしてくる。

どうにも自分がこの恐ろしい事態を引き起こしたような。
ミスをやらかしたような。

こんな自責と迫り来る恐怖感に取りつかれる。

これらのストレスから解放されるために、
食物をたくさん摂取したり、アルコール成分を摂取したり、薬物を摂取したりすることもあるでしょう。
でもそれらの方法だと耐性がついて効果が徐々に減ってきます。
摂取したときの喜びが減ってくる。
摂っても摂ってもストレスが解消されない。
代わりに身体を壊したり、社会生活を壊したりと害が増えてきます。

そのため、これら以外の、
安全でどこでもできて長い目で見て効果がある方法が推奨されています。

呼吸を整えて、呼吸を整えて、

思いが過ぎ去るのを

気持ちが静まるのを

見送る。

そうして、不安を抱えながらも冷静にやっていく。

昔のようなあんなに怖いことは今は起きないことを確認しながら。

何かが起きても、今なら自力で対処できるし、誰かに助けを求める力もあるし。
きっとやれるし。
と言い聞かせながら。
  


24時間テレビがうらやましかったこと

2020年08月16日

子どもの頃、ユーの24時間テレビ観てて、

アフリカの恵まれない子どもに、女性アイドルが支援物資を届けているシーンがあった。
※80年代のアフリカ飢餓の頃だったと記憶しています。

正直、うらやましいと思った。

あそこまでひどいと助けられるんだと思った。

そうじゃないと見てくれないと思った。

自分のことを見てもらえない。

この頃にはもう、自分は助けを求めていたようだ。

あれから、40年ほど。

ひどいとひどくないの間の人へのケアはいまだに不十分。

だって、ひどい状態の人へのケアですら不十分なんだもの。

恵まれていない人と恵まれている人の間の人への思いやりも不足している。

だって、恵まれていない人への思いやりも不足しているのだもの。

恵まれていることに意識を向ける風土の影響かもしれない。

ご飯食べさせて貰ったじゃない。
ここまで大きくなったのは、親のおかげだよ。

その代償に思いは至らない。

以上、ふと昔のことを思いだし、考えたことでした。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)過去の出来事

どのように戦争を記憶しているかは国によって違う話

2020年08月12日

『戦争の記憶 コロンビア大学特別講義 学生との対話』(キャロル・ブラック 講談社現代新書 2019)
https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000321621
を読んだのでした。

私たち日本では、先の戦争と言えば、太平洋戦争と答えることが多いかもしれません。
でも、平成を経て、令和の今では、アフガニスタンとかシリアという若者もいるかもしれません。

太平洋戦争については、
世界的には第二次世界大戦(Worl War Ⅱ)と呼ぶのが一般的らしいのですが、私の上の世代では大東亜戦争や日米戦争とも呼ばれていました。

太平洋を中心とした戦争と記憶されているか、
世界全体が戦争してその中の一つとして記憶されているか、
大東亜共栄圏確立のための戦争と記憶しているか、
アメリカと戦った戦争と記憶しているかの違いから、
呼び名に違いがあるのでしょう。

始まりと終わりについては、
12/8は、国力の差が歴然としている米国に国の存亡をかけた乾坤一擲の奇襲攻撃をかけた日として記憶されているでしょうか。
そして、終戦の8/15は、戦争が終わって平和な世界が到来した最初の日。
戦争被害から回復して新しい民主国家が興った記憶の始まりとして認識されているかもしれません。
戦争が終わったというか、新しい日本が始まったという記憶の方が強いかもしれません。

そして、
どちらの方が強く記憶されているかというと、取り上げられる多さから言って、終戦の方のようです。
私たち日本人は、終戦について強く記憶しているようです。

一方で、日本から占領された国々は、開戦日は占領という屈辱が始まった日として記憶されているでしょうか。
終戦日は、その屈辱からの解放の日であり、戦争は解放のための戦いの日々として記憶されているかもしれません。

アメリカの記憶は、12/7のパールハーバーでの初戦でしょうか。
戦争の記憶としては、理不尽な攻撃を受けて劣勢を強いられて、そこから一致団結して立ち上がり見事自由陣営の勝利をもたらしたとなっているでしょうか。
終戦は、アジアに新しい自由民主主義の国を自分たちが作りだした始まりとして記憶されているかもしれません。

または、年代によっては別の戦争の記憶が想起されるかもしれません。
ベトナムで戦った別の戦争を思い起こし、
それは敗戦の記憶として思い出されるかもしれません。

いくつもの戦いを経験しているアメリカでは、
どの戦争の記憶かで、世代が分かるかもしれません。

交戦した国同士で、その戦争に対する記憶が違うとき、
互いの国民の感情は、相容れないものになるでしょう。

さて、
ある出来事の記憶が、立場によって違うことが、引き起こす問題は多いようです。

あれはしつけだった。
という思いの親。

あれば純粋に暴力だった。
という思いの子ども。

あの出来事についての記憶が違うことは、わかり合えなさにつながります。

それは、言いようのない悲しみをもたらします。
記憶の仕方が違う。
それが要因で相互理解が進まない。
悲しみがもたらされる。

そんなことを思った一冊でした。
  
タグ :記憶戦争


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)本の紹介