トラウマと罪の意識と宗教と

2020年08月04日

子どもの頃から、自分がやらかしたことについての自責の念がとても強いのです。

打擲自傷するほどに。

やらかした記憶が、
フラッシュバックとしてふいに日常生活に侵入してきます。

トラウマ反応ですね。

子どもの頃からこうでした。

さて、
「恥」の概念は、
過度な自責の念も含むのだそうです。

到らない自分を恥じる。

そんな意味で。

自分を恥じる。

さて、
宗教には、罪意識というのがあります。
キリスト教では原罪が有名ですね。
また、神の意志に反することは罪になるようです。

仏教では人間界に生まれてきたのは罪滅ぼしのためだと考える場合があります。

これらのために、
人は、そもそも罪を犯しやすいのだから、いつも自分を厳しく戒めて、または戒められて生きねばならない。

今受けている苦痛は過去の罪滅ぼしなのだから、むしろ甘んじて受けるべきだ。
そうじゃないとと罪が消えるまでいつまでもついて回るよ。

という風に、人を罪人として扱いがち。

特に、
過去の罪滅ぼしのために、今受けている仕打ち、過酷な体験を受容するように促されることが多いようです。

本来は、現状をしっかり認識して、立ち向かう、逃げる、助けを求めるなど最適な行動をとるという教えのようですが、加害行為を正当化し被害を受忍する方向で解釈されることが珍しくありません。

宗教と罪は関係が深いのです。

私の家族は、宗教と縁が深かったのでした。
つらい目に遭うのは、過去世の自分の罪が重かったから。
それをいま償っている。
そういう考えになじんでいました。

そうして罪深い自分を恥じていたのでした。
子どもの頃から。

自分を誉れとすることなく生きてきたのでした。

恥の感覚。
虐待トラウマと密接に関係しているようです。

自責の念、自分をほめられない、価値を置けない源泉は、
親などの密接な関係にある大人から過去にうけた仕打ちにあるのかもしれませんね。