確認をせずにはいられない迫り来る気持ちは、昔安全が脅かされた経験から来るかもしれない話

2020年08月20日

ある思い(鍵を閉め忘れていないかきちんと閉めているか? 汚れているんじゃないか? など)が身の内に不意に生じ、

それに占領されて、不安でいっぱいになり、

(カギ締めチェックなど)ある行動を繰り返したり、(手洗いなど)長時間行なったりしてしまう状態になることがあります。

強迫神経症・強迫性障害と名づけられることもあります。

このうち、確認型とも呼ばれることがある

確認を何度もひっきりなしにやってしまう場合は、

心の根底に、

安全が確信できていない。

裏を返せば、

過去に、恐怖におびえる体験をした。

ことがあるのではないかと思いついたのでした。

今現在は、鍵が閉まっていなくても、なにか安全配慮の手落ちがあったとしても、
基本的に安全な状態なので、
恐ろしいことは起きないのですが、

起きるのではないか?!

という強い思いが身の内に不意にわき起こり、
それで、心も身体も占領される。
その思いにもとづいて(確認)行動してしまう。

その時、
心と身体の状態は、過去の危険な状況にいたときと一緒。
言うならば、トラウマのフラッシュバック体験。

このとき、
身の安全を確認すれば、少しは気持ちも和らぐような気がするので、

カギ締め、ガスの元栓閉め、または汚染の除去としての手洗いなどして、
危険対処、危険除去対策をして、
我が身の安全を確認するのかもしれません。

でも、何回やってもどうにも安全な気持にならない。
胃のあたりが重く、息もつまり気味で、鼓動は早く、落ち着かないという
心と身体が不穏な状態が続いている。

だから、同じ行動を繰り返す。

不穏な気持ちを解消するために、
鍵締め確認などの問題解決行動をとっても、不穏な気持ちは解消しない。
のならば、
その問題解決法は適切ではないのかもしれません。

ひょっとしたら、
意識を向けるポイントが「鍵」「身体の汚染」ではないのかもしれません。
本当は、怖いとか、あの時怖かったとかの「気持ち」なのかもしれません。

怖い気持ちを穏やかに見つめ、身の内に収めていると、
恐怖におののいた心と身体が次第と鎮まってくるものです。
呼吸に意識を向けるなどしつつ、感情の強さを調整する方法は有効です。

さてもう一点。
どんな時にこんな状態になるかというと、
なにかをし終えた後、
つまり、一段落した後、または思い出したときにこんな状態になりやすいようです。

それは、
なにかをした後、
何かに集中して一仕事終えた後、
とんでもないことが待ち受けていた経験から来るのかもしれません。

1日学校を終えて帰宅したら、両親が大げんかしていた、家の中がとても険しい雰囲気だった。
家で気を抜いていたら、突然なにか急を要するスゴいことを言ってくる。あんたが居ないときにこんなことがあったと伝えられる。

親の不始末の尻拭いを強要してくる。
迫り来る親。有無を言わせない気迫で。

など。

知らないところで、密かになにかが起きている。
そのしわよせは自分が引き受けねばならない。

気を抜いたとき、安全が脅かされた感覚に陥る。
気を抜くと、なにかが起きる。

だから、
あの時もっと配慮していれば、このヤバいことは防げたような気がしてくる。

どうにも自分がこの恐ろしい事態を引き起こしたような。
ミスをやらかしたような。

こんな自責と迫り来る恐怖感に取りつかれる。

これらのストレスから解放されるために、
食物をたくさん摂取したり、アルコール成分を摂取したり、薬物を摂取したりすることもあるでしょう。
でもそれらの方法だと耐性がついて効果が徐々に減ってきます。
摂取したときの喜びが減ってくる。
摂っても摂ってもストレスが解消されない。
代わりに身体を壊したり、社会生活を壊したりと害が増えてきます。

そのため、これら以外の、
安全でどこでもできて長い目で見て効果がある方法が推奨されています。

呼吸を整えて、呼吸を整えて、

思いが過ぎ去るのを

気持ちが静まるのを

見送る。

そうして、不安を抱えながらも冷静にやっていく。

昔のようなあんなに怖いことは今は起きないことを確認しながら。

何かが起きても、今なら自力で対処できるし、誰かに助けを求める力もあるし。
きっとやれるし。
と言い聞かせながら。