黙ってしまうのは心を閉ざすだけじゃなく頭を閉ざすからもあるような話

2020年08月08日

不意に黙り込む。

背中を向けて黙っている。

ふいっと立ち去る。

ということを相手がすると、

私たちは、

無視された、

馬鹿にされた、

嫌われた、

見捨てられた

と思うかもしれません。

言いたいことがあるなら言えよ!

何で黙り込むの!

無視しないで!

なめてんのか!

なんて大声出すかもしれません。

人がこんな行為をするとき、
言いたいことがあっても言わないのかもしれません。
心を閉ざして。

または、
言いたいことが思い浮かばないこともあるようです。
まるで、頭がシャットダウンした感じ。
頭を閉ざしてしまったよう。

人が不意に会話を止めるとき、
心を閉ざして交流を断つ場合と、
思考が停止して交流できなくなってしまった場合と、
の違いは簡単には判別できません。

さて、
トラウマを負った人は、身体が反応して、身動きがとれなくなることがあります。
そのときはもちろん、思考も止まります。

心を閉ざしているわけではないのに、
本当は声をかけたいのに、
優しく話しかけたいのに、
笑顔で会話したいのに。

言葉が出ない。
声が出ない。
黙ってしまう。
背中を向けてしまう。
立ち去ってしまう。

気持ちの底では、
関係をこれ以上悪化させないために、
相手をこれ以上嫌いにならないために、
好きでいるために!

黙っているのかもしれません。
背中を向けているのかもしれません。
立ち去ってしまうのかもしれません。

でも、そのことは思考が停止しているから本人にも分からない。
自分がなぜそうしているのかが分からない。
だから、
相手に理由を尋ねられても答えようがない。
いくら相手から優しく寄り添われても、同じ反応しかできない。

その結果、相手は誤解する。
自分のことを嫌いだと。
自分には心を開かないのだと。

一般的に、
心を開かない。
心を閉ざす。
そんなときは、
もうこの人になにを話しても意味がないと判断したから。
だから、もう心を閉ざしていまおうと意思が働いたから。

でも、
頭が閉ざされた場合はそうではありません。
何をしよう、こうしようなんて意思は働きません。
そんな余裕はありません。

考える間もなく、考えることもできずに身体がそう動いた。
言うなれば身体反射です。
自分の意思で自分の行動がコントロールできない状態。

心を閉ざしているという解釈は誤解かもしれません。
頭が閉じてしまったのかもしれません。

大脳辺縁系が優勢になって、大脳がうまく働かなくなった状態の解説でした。